MEPは#シリアでの軍事作戦に対する#トルコに対する制裁を要求

| October 24, 2019

木曜日に実演で採択された決議で、MEPは、北東シリアへのトルコの介入は国際法の重大な違反であり、地域全体の安定と安全を損なうと警告している。

シリア北部の国連主導の安全地帯

トルコが軍事侵攻を開始して以来、多数の民間人および軍人の死傷者とともに、少なくとも300 000の市民が避難し、MEPを強調して国連の情報源を引用しました。 MEPは、国連主導の安全地帯がシリア北部に設立されるべきであると主張しています。

彼らは、北東シリアの国境に沿って「いわゆる安全地帯」を設立するトルコの計画を固く拒否し、一時的な停戦に関する米国とトルコの合意がこの「安全地帯」のトルコ占領を正当化するかもしれないという懸念を表明した。

ISISの復活のリスク

議会はクルド人との連帯を表明し、ダーシュとの戦いにおけるクルド人主導の軍隊、特に女性の重要な貢献を強調した。 MEPは、トルコ軍の攻撃の中で何百人ものISIS囚人がシリア北部の収容所から逃げ出しているという報告を非常に懸念しており、これはテロリスト集団の復活のリスクを高めている。

トルコ大統領による脅迫

MEPは、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領が難民を武器化し、「EUを脅迫するためにそれらを使用した」ことは容認できないと感じています。

彼らは理事会に対し、人権侵害の責任を負うトルコ政府高官に対する一連の標的制裁とビザ禁止を導入するとともに、トルコに対する標的経済措置の採用を検討するよう求めています。 MEPはまた、農産物協定での貿易選好の一時停止を考慮すべきであり、最後の手段として、EU-トルコ関税同盟の一時停止を提案しています。

詳しくは

注釈

Facebookのコメント

タグ: , , , ,

カテゴリー: フロントページ, EU, 欧州議会, シリア, トルコ

コメントは締め切りました。