欧州裁判所は、#フィンランドがオオカミの個体数を保護しなければならないと判断しています

| October 11, 2019
EUの最高裁判所は、EU生息地指令に定められた厳しい保護規則を支持し、野生の絶滅危ed種の捕獲と殺害を停止するために各国当局が従うべきです。 フィンランドのオオカミの個体数が健康レベルをはるかに下回っていたにもかかわらず、NGOがハ​​ンターに7匹のオオカミを殺す許可を与える決定に異議を申し立てた後、フィンランド最高行政裁判所によってこの訴訟はEU司法裁判所に照会されました。 オオカミは、狩猟、密猟、生息地の喪失によって絶滅の危機にdrivenしたフィンランドの保護種です。

健全なレベルは、少なくとも25ファミリーパックとして科学的に定義されています。つまり、年と季節に応じて、300〜500のオオカミを意味します。 3月現在、2019では、フィンランドには185–205オオカミしかいません。

EEBは判決を歓迎します。

欧州環境局(EEB)は、ヨーロッパ最大の環境市民グループのネットワークであり、150を超える国々の30メンバー組織を擁しています。

EEB生物多様性および水上級政策担当官のセルギー・モロスEEBは次のように述べています。「この場合、フィンランドのオオカミの人口は殺人許可の発行を正当化するほど十分ではありません。 裁判所は本日、狩猟は非常に厳しい条件下でのみ許可されるべきであることを再確認しました。 私たちが世界中で直面している自然危機により、EUの厳格な自然保護規則を守ることの重要性はかつてないほど高まっています。」

注釈

Facebookのコメント

タグ: , , ,

カテゴリー: フロントページ, 動物福祉, 環境, EU, 欧州委員会

コメントは締め切りました。