#HumanitarianAid - 南アジアおよび南東アジアの場合は百万ユーロ

| July 23, 2019

南東および東南アジアで最も被害を受けたコミュニティが自然災害や人道的危機に見舞われるのを助けるために、欧州委員会は数百万ユーロ相当の新しい人道的資金パッケージを動員しました。 これには、10.5を超える人々が避難しているインドおよびバングラデシュで進行中のモンスーンの犠牲者に対する緊急援助としての1.5mが含まれます。

残りの資金は、ネパールとフィリピン、そして地域の防災対策に充てられます。

「南アジアの国々はますます悪化するモンスーンの季節に直面しています。 大雨と洪水はインドとバングラデシュで大規模な人道的状況を引き起こしました。 このような困難な時期に、EUの連帯は変化をもたらします。私たちの支援は、水、衛生、および必要な物資を提供する最も困窮している人々に届くでしょう。 より広い地域では、EUはまたネパールとフィリピンが自然災害に対するより良い備えと最も困窮している人々への援助を得ることを支持している」と人道援助と危機管理委員のChristos Stylianidesは言った。

詳細はプレスリリースにあります。 こちら.

注釈

Facebookのコメント

タグ: , , , ,

カテゴリー: フロントページ, 災害, EU, 欧州連合連帯基金, 人道的支援, 人道資金調達, インド, ネパール, フィリピン

コメントは締め切りました。