#Huawei - オープン性、コラボレーション、および開発:安全な#DigitalSocietyの構築

| June 11, 2019

GSMA Mobile 360シリーズは、ハーグで「Security for 5G」というテーマで開催され、世界中の通信事業者、機器ベンダ、政府機関、および業界の規制当局からの代表者が集まりました。 このイベントは、5Gサイバーセキュリティ保証、テスト、および認証スキームに関して、ヨーロッパ全域および世界中で合意を促進することを目的としています。

Huaweiのグローバルサイバーセキュリティ&プライバシーオフィスのディレクター、Sean Yang氏

Huaweiのグローバルサイバーセキュリティ&プライバシーオフィスのディレクター、Sean Yang氏は、このイベントで基調講演を行いました。 開放性、共同開発:安全なデジタル社会の構築 Yang氏は、急速に変化するグローバルな5Gの展望について議論し、サイバーセキュリティの課題に対応して5Gセキュリティ標準と5Gセキュリティテストで業界が行ってきたことを共有しました。

Yang氏は、Huaweiがネットワーク機器セキュリティ保証スキーム(NESAS)に積極的に対応し、これをサポートしていることを指摘しました。これは、ヨーロッパおよび世界におけるサイバーセキュリティテストおよび認証の統一規格の開発を推進することを目的としています。 統一されたセキュリティ標準は、すべてのネットワーク要素とサービスが同じレベルのセキュリティに到達できるようにするのに役立ちます。

「5Gセキュリティが大きな注目を集めていることは理解できます」とYang氏は言います。 「サイバーセキュリティは本質的に技術的な問題であり、技術的な問題は技術的な手段で対処する必要があります。 サイバーセキュリティへの信頼は事実に基づくべきです。 事実は検証可能でなければなりません。 そして検証は標準に基づいている必要があります。」

Yang氏はまた、Huaweiが業界のパートナーと協力して、より明確な標準と規則を開発し、業界に対する信頼を築く用意があることを強調しました。 「我々は常に国際標準を支持し積極的に貢献し、そしてサイバーセキュリティ法と規制を遵守する」と彼は言った。 「私たちは業界パートナーと協力して、コラボレーションと共有された成功によって繁栄する、オープンで透明で活気に満ちたグローバルエコシステムを構築しています。」

Yang氏は、すべてのテクノロジは開始段階でセキュリティの問題に直面しているとの考えを表明しました。 技術が発展し続けているのでこれらの問題に取り組むことに努力が払われなければならない、と彼は付け加えました、すべての利害関係者が積極的な態度を採用する必要があると指摘しました。 彼はすべての業界関係者に、信頼を築き、将来の世代のために安全なデジタルの世界を創造するために協力することを求めました。

「セキュリティは、誠実さ、能力、説明責任、信頼性、開放性、透明性など、私たちの価値観と信念から始まります」と彼は述べました。 「Huaweiはセキュリティテクノロジ、標準化、認証、検証、および脆弱性と脅威の情報の共有について、すべての関係者と積極的に協力しています。」

Yang氏は、最近開設されたブリュッセルにあるCyber​​ Security Transparency Center(政府機関、技術専門家、業界団体、および標準化団体の間のコラボレーションおよびコミュニケーションのプラットフォーム)を含め、Huaweiが世界中に6つのセキュリティ検証センターを構築したと指摘。

「このプラットフォームを通じて、デジタル時代における開発とセキュリティのより良いバランスへの道を見つけることができます」と彼は言いました。

イベント期間中に、Huawei社はタイトルのホワイトペーパーを発表しました。 5Gセキュリティ保証のための業界との提携。 このホワイトペーパーでは、5Gが旧世代の通信テクノロジ(2Gおよび3Gから4Gまで)のセキュリティプロトコルをどのように構築し、サイバーセキュリティ機能を強化するかについて概説しています。 これは5Gがその前任者よりはるかに安全であることを意味します。

5Gセキュリティの既存の成果を拡大するために、Huaweiは業界全体にオープンで透明性のある共同作業を維持し、5Gセキュリティの法律、規制、検証および保証メカニズムを継続的に最適化するよう求めました。 Huaweiは、これらのイニシアチブによってネットワークの回復力が高まり、5Gのセキュリティ上の脅威と課題に適切に対処できるようにセキュリティ標準とテクノロジを向上させることを期待しています。

タグ: , , , , ,

カテゴリー: フロントページ, ビジネス, デジタルエコノミー, デジタル単一市場, デジタル社会, EU, EU, おすすめ記事, ハーグ