#トルクメニスタンとの関わり:一歩先まで進んだことがありますか?

| February 23, 2019

ドイツのビジネスマンは常に西ヨーロッパの他の国々よりも貿易機会を求めています。

最近のEUの緊張は、ロシアのガスをドイツに供給する(ウクライナを避けて)Nordstream-2ガスパイプラインのドイツの堅実な支援に関連しています。

ウクライナの起業家は、ウクライナ、コーカサス、中央アジアでのビジネスチャンスを最初に模索する人です。

2月中にベルリンはトルクメニスタンとの貿易フォーラムを開催し、中央アジアの国はその天然資源とおそらく友好的な投資環境を披露しました。 トルクメン - ドイツビジネスフォーラムには、ClaasやSiemensなどの知名度の高い名前を含む、報告されている70ドイツ企業および地域事業者が参加しました。

基調講演は、ドイツ東部ビジネス協会(OAOEV)の長であるMichael Harmsによって行われました。 OAOEVは、ソビエト後のスペースに関するさまざまな二国間投資イベントを開催します。その中には、次回の 'Legal Conference Russia'や 'Economic Forum Latvia'が含まれます。 Harms氏とその会長である化学工業家WolfgangBücheleも、2018でのプーチン大統領のドイツ企業プレゼンテーションに招待された。

それにもかかわらず、ベルリンでトルクメンに焦点を当てた投資フォーラムの設立はやや驚くべきことです。

ロシアの非常に洗練された経済とは対照的に、トルクメニスタンは1992での独立以来、地球上で最も貧しく最も腐敗した政権の一つでした。 毎年夏に国は何千もの大人に州の組織化された奴隷労働の世界最大のデモの1つで綿を収穫させます。 拷問が広まっており、出口ビザを取得するのが難しく、市民には財産に対する権利がありません。 トルクメニスタンの孤立主義は、貧困データが入手不可能であることを意味しているが、それは他の中央アジア諸国を超えて急上昇すると考えられている。 そしてサウジアラビアがついに2018で女性ドライバーの禁止を解除した間、情報筋はトルクメン警察が女性から運転免許証をまとめて撤回し始めたと言います。

これは、彼が閣僚会議中に彼の重量挙げを披露し、彼の孫と一緒にビデオでラップし、そして全国のテレビで彼の銃のスキルと詩を披露しているときにコミック会長BerdimuhamedovがYouTubeの名声を得る間に起こります。 黒の車は、それが公的資金で作られた何十億ドルもの白い大理石の宮殿の影響を台無しにすることを恐れて、首都アシガバートに入るのを禁止されていると伝えられている。 大統領は97.7の投票の2017%を獲得したと主張している。

人権侵害の非難および同国の指導者の行動は、過去に新興市場の投資家を抑止することにほとんど役立っていない。 しかし、トルクメニスタンはこれらの投資家を彼らの資産を収用することによって攻撃するための驚くべき才能と組み合わせます、彼らの借金を払って、そして彼らを国から追い出しません。

ごく最近では、トルクメニスタンはロシア最大の電気通信会社であるMTSの通信回線へのアクセスを遮断しました。 これにより、世界銀行の国際紛争解決センター(ICSID)で750に提起された2018百万ドルの仲裁請求が促されました。

ベラルーシの会社、Belgorkhimpromは、政府契約に基づいて建設されたカリ工場へのアクセスをブロックされています。 会社はまだ全額支払われていません。 近年、何百万ドルもの未払いの借金を抱えているトルコの建設会社によって、非常に多くの仲裁が行われています。

トルクメニスタンの欲はドイツの投資家にも打撃を与えた。 2018の10月、ICSIDはトルクメニスタンに対するドイツのエンジニアリング会社Unionmatex Industrieanlagenによる申し立てを登録しました。

トルクメニスタンはその歴史の中で最大の経済危機のひとつです。 増え続ける農業生産量が州のテレビで報告されているように、政府がコスト削減のために公共サービスと省庁の両方を軸にしているため、小麦粉の待ち行列は次第に長くなっています。

ロシアとイランはまだガスの輸入を再開していない。 その国は国際金融を切望していますが、それでも投資している人には信頼できないパートナーとしての地位を示しています。

エキサイティングな投資プロジェクトに目を向け、東を向くようにドイツの精神に深く刻まれたものがあります。 しかし、Harms氏と彼の友人たちはこのひどい政権の代表を称賛しているので、投資家の関与は無益です。

数え切れないほどの人権報告が、経済を誤った理由で地面に管理してきたエゴティックで安全でない指導者によって市民に対して行われた虐待を減らすことにほとんど役立っていない。 それを正当化する積極的な投資家風土がなければ、トルクメン政府との関わり合いは一歩先が遠すぎます。

注釈

Facebookのコメント

タグ: , , , ,

カテゴリー: フロントページ, EU, ドイツ

コメントは締め切りました。