#FinnishEUPresidencyは、ビジネス上の人権規則を強化するよう求めました

| February 15, 2019

悲劇的なダムの崩壊 ブラジル、ブルマジーニョ25 1月には、少なくとも150の命が失われ、何千もの生計が破壊されたと見られている。 それでも、これらの危険性にもかかわらず、ほとんどのヨーロッパ企業の人権および労働権への取り組みは表面的なものであり、命を危険にさらし、政府および企業に対する不信感を高めています。 書きます Phil BloomerとSharan Burrow.

今年のフィンランドのEU議長国はこれを変える機会を提示します。 市民社会と労働組合指導者のグループが 公開書簡 今週は、フィンランド政府に対し、ビジネスが人権に与える影響に対処するというEUの野心を強化するよう求めた。 この書簡は、EUレベルで企業からの人権デューデリジェンスを要求するという深刻な動機を要求しています。これは、ビジネス上の透明性要件の実装が弱いために根拠を得ている原因です。

今日、世界最大の企業の50は、 隠れた労働力。 これらの労働者は、会社の総労働力の94%を占めていますが、CEOが株主のために富を生み出す人々の福祉に対して責任を負わない多国籍企業自体とは直接の関係はありません。 これは、グローバルなサプライチェーンにおける人権と労働権の危機の規模を明らかにします。

昨年、EUの非財務報告指令が発効し、企業は環境への影響および人権の尊重に関する声明を年次報告書に含めるよう求めました。 これがどのようにすべての基準に渡って実施されているかについての最初の分析では、企業はせいぜい表面的な関与を示していることがわかりました。

によって分析された100社のうち 企業の透明性のアライアンス、上 90%は人権を尊重するというコミットメントを報告しました。 しかし、36%だけが彼らの人権デューデリジェンスシステムを説明しているのに対し、26%は顕著な人権問題の明確な声明を提供し、そしてたった10%がこれらの高リスク問題の効果的な管理を実証する例または指標を説明します。

ビジネスと人権に関する国連指導原則すべての企業は、人権への影響を特定、防止、軽減するために人権デューデリジェンスに取り組む責任があります。 この責任は、紛争鉱物に対処するために他のEU規制で使用されてきたOECDデューデリジェンスの枠組みに反映されています。

それでもなお、企業透明性同盟の報告書は、EU非財務報告指令における明確さの欠如を明らかにしている。 企業は最低限のコンプライアンスしか選択していない これらの国際基準に沿ったより深い関与の代わりに。

企業によるこの不十分な対応は、多くの期待された変革をもたらしていない英国の近代奴隷法など、透明性を必須とする他の法域での経験を反映しています。 の 最新の分析 FTSE 70企業の100%が本法に基づく奴隷制に取り組むための十分な措置を報告していないことを明らかにした。 現在、独立した審査が行われており、中間報告書は制裁措置を導入することにより同法の強化を勧告しています。 同様に、EU指令の下で評価された英国企業の28%は、年次報告書に現代の奴隷制度についてさえ言及していません。

欧州議会のハイジ・ハウタラ副議長は、次のように述べています。「会社の行動の持続可能性についての見通しがない場合、投資家から持続可能な決定を求めることは困難です。」 人権のための投資家同盟責任投資のための国連の原則, そして世界最大の資産運用会社 ブラックロック企業が社会的問題や環境問題への取り組みを強化することをますます求めています。

いくつかの大手企業がこの呼びかけに耳を傾けていますが、少数派のままです。 フィンランドの多国籍企業のNokiaや 70より他のフィンランド企業 運動場を平準化するために規制のためのビジネスケースをますます認識しています。

ヨーロッパ全土で人権デューデリジェンス規制の要求が強くなっているという兆候があります。 ビジネスと人権に関する国内行動計画の下で、ドイツの企業の50パーセントが2020による人権デューデリジェンスを実施しない場合、ドイツ政府は立法措置の可能性を開きました。 A 法案 250以上の従業員と年間売上高で40 100万ユーロを超えるドイツ企業に、サプライチェーンで人権デューデリジェンスを行うことを要求していると伝えられている。 スイス、ルクセンブルグ、オランダ、オーストリアなどの他の政府も、そのような法律の導入を検討するための立法提案を検討しています。 すべての目は、フランス、その下でそのような要件を採用する最初の国に注目しています。 警戒法の義務。 これらの全国レベルのイニシアチブは重要かつ歓迎されていますが、それらは断片的な解決策にしかつながりません。

これを回避するために、EUはこれらのイニシアチブを統一し調和させる上で重要な役割を果たすことができ、フィンランドはEU議長国の任期中にこの課題に取り組むのに適した立場にあります。 フィンランドは最初に発行した国の1つです。 国家行動計画 ビジネスと人権に関する 強い動き 市民社会団体、労働組合および企業が義務的人権デューデリジェンス法を要求している。

ますます多くのCEOがサプライチェーンにおける搾取やさらに奴隷制のスキャンダルを認識している一方で、彼らの事業全体にわたって責任ある雇用主として行動するプレッシャーには、義務付けられたデューデリジェンスが必要です。 ビジネス上の言い訳はもうありません。 彼らは彼らのサプライチェーンを通して人権と労働権の危険を防ぐために行動を起こさなかったことに対して責任があるとみなされるでしょう。

より厳しく調和のとれた人権デューデリジェンス要件は、企業が自らの人権責任を果たすために十分なことをしているかどうか、そして企業がより情報に基づいた投資と購買の決定を下すために十分な情報を提供するのに役立ちます。

さらに重要なことは、正しく行われれば、彼らは命と生活を救うことができるということです。 労働者と有権者の信頼を取り戻すためには、法の支配と安全で正当な未来の保証が必要です。

Sharan Burrowはの事務総長です 国際労働組合総連合。 Phil Bloomerは、 ビジネス人権情報センター.

注釈

Facebookのコメント

タグ: , , , ,

カテゴリー: フロントページ, ブラジル, EU, フィンランド

コメントは締め切りました。