#Cambodia - EU、貿易嗜好を一時的に停止する手続きを開始

| February 12, 2019

EUは、Everything But Arms(EBA)取引スキームの下でカンボジアのEU市場への優先的アクセスを一時的に停止させる可能性があるプロセスを開始しました。 受益国が中核的人権と労働権を尊重しない場合、EBAの嗜好は削除される可能性があります。

一時的な撤退手続きを開始しても、関税選好が即座に削除されるわけではありません。これが最後の手段となる可能性があります。 代わりに、集中的な監視と関与の期間を開始します。 委員会の行動の目的は、地上の人々の状況を改善することです。

欧州委員会のフェデリカ・モゲリーニ副理事長兼外相は次のように述べています。「過去18カ月の間に、我々は民主主義の悪化、人権の尊重、および法の支配を見てきました。 2月、2018において、EU外務大臣は、EUがこれらの動きをどの程度真剣に見ているかを明らかにした。 ここ数カ月で、カンボジア当局は、政治家、市民社会活動家、ジャーナリストの釈放、市民社会と労働組合活動に対するいくつかの制限への対処など、いくつかの前向きな措置を講じてきました。カンボジアのEBAスキームへの参加が問題になっているのは、現場の状況によるものです。 欧州連合として、私たちはカンボジアの人々に貢献するカンボジアとのパートナーシップにコミットしています。 同国における民主主義と人権への支援は、このパートナーシップの核心です。」

CeciliaMalmström貿易担当委員は、次のように述べています。「今日の動きが最終決定でもプロセスの終了でもないことは明らかであるはずです。 しかし、今や時計は正式に刻々と過ぎており、近いうちに実際の行動を見る必要があります。 我々は今、我々が完全にカンボジア当局と関わり合い、前進する道を見出すために彼らと協力する準備ができているというモニタリングと評価のプロセスに入ります。 EUの貿易政策は価値観に基づいていると言えば、これらは単なる空の言葉ではありません。 私たちは、後発開発途上国にとって世界で最も開かれた市場の1つであることを誇りにしており、その証拠は、EU単一市場への輸出が彼らの経済に大きな後押しを与えることができることを示しています。 それにもかかわらず、その見返りに、我々はこれらの国々が特定のコア原則を尊重することを求める。 カンボジアの情勢との関わり合いにより、カンボジアの人権や労働権に関しては、政府が自国の市場への特権的アクセスを維持したいのであれば、政府が取り組む必要があるという深刻な欠陥があると結論づけました。

2018でのカンボジアへの事実認定ミッションとそれに続く最高レベルの二国間会議を含む、エンゲージメントの強化の期間を経て、委員会は、カンボジアにおける中核的人権および労働権の深刻かつ体系的な違反の証拠があると結論した。特に政治参加の権利、そして集会、表現および結社の自由について。 これらの調査結果は、労働者の権利の欠如および国内の経済的土地の譲歩に関連する紛争についての長年のEUの懸念を増大させています。

本日の決定は2月の12に関するEU公式ジャーナルに掲載され、カンボジアが国連およびILOの中核的条約の下での義務と一致しているという状況に到達することを目的とするプロセスが開始されます。

- 6ヶ月間の徹底的なモニタリングとカンボジア当局との関わり。

- その後、EUが調査結果に基づいて報告書を作成するための3ヶ月の期間。

- 合計12ヶ月後、委員会は関税選好を撤回するかどうかについての最終決定で手続きを終了する。 委員会が撤退の範囲と期間を決定するのもこの段階です。 さらに6ヶ月の期間が経過すると、いかなる撤退も有効になります。

モゲリーニ上級代表/副大統領兼マルムストローム委員は、この手続を開始するための内部プロセスを4 10月に開始しました。 加盟国は、1月末に撤退手続きを開始するという委員会の提案に承認を与えました2018。

背景

武器のすべて取り決めは、脆弱な発展途上国がEUへの輸出に対してより少ないまたは全く関税を支払わず、EU市場への重要なアクセスを提供し、その成長に貢献することを可能にする、EUの一般嗜好計画(GSP)の一部門です。 EBAスキームは、国連で定義されているように、世界の後発開発途上国向けのすべての製品(武器および弾薬を除く)について、EUへの免税および割り当てなしのアクセスを一方的に許可します。 GSP規則は、規則の附属書VIIIに記載されている人権および労働権条約に規定されている「重大かつ体系的な原則違反」の場合には、貿易の選好を一時停止することができると規定しています。

織物および履物、調理済み食品および野菜製品(米)ならびに自転車の輸出は、カンボジアのEUへの97全体の輸出の2018%を占めた。 総輸出額10億ユーロのうち、4.9%(€99bn)がEBA優遇関税の対象となりました。

詳しくは

メモ:EU、カンボジアの貿易選好を一時的に停止する手続きを開始

カンボジアとの貿易関係

環境設定の一般スキーム

注釈

Facebookのコメント

タグ: , , ,

カテゴリー: フロントページ, カンボジア, EU, 欧州委員会, TISA, トレード, 貿易協定

コメントは締め切りました。