#IATAは何もしないことを心配した

| January 11, 2019

無秩序なBrexitが発生した場合に欧州連合と英国の間でフライトを継続させることを可能にする措置は、いくつかの混乱とキャンセルを回避するのに十分であるとは思われない、と世界の大手航空輸送グループの長は木曜日に警告した アレクサンダーコーンウェルを書き込みます。

イギリスは3月に29にEUを離れるように設定されているが、イギリスに行くための3ヶ月未満のテレサ・メイ首相は出口合意のために自宅で支持を得ることができず、関係の「取り引きなし」の破綻の見込みを高めた。

国際航空運送協会(IATA)の事務局長兼最高経営責任者のアレクサンドル・デ・ジュニアック(IATA)は、次のように述べています。描写).

彼は、この措置は2018でのEUとイギリスの間の交通量に基づいていたので、今年のフライトの計画された増加を説明しなかったと述べた。

それは、「取引がない」場合には、対策の基になっている2018の上限にトラフィックが到達したら、フライトの調整を開始するか、キャンセルする必要があることを意味します。

「私たちがイギリスとヨーロッパの当局により柔軟になるよう説得することができると私は願っています」と彼はドバイの記者団に語った。

De Juniacはまた、EUと英国が29 3月以前に取引に参加できなかった場合、フライトがすぐに接地されるとは思わないと述べた。

タグ: , , , , ,

カテゴリー: フロントページ, ヨーロッパのための航空戦略, 航空/航空会社, Brexit, EU, EU全体の安全承認, 単一欧州スカイ, UK