#Latviaは19th EU加盟国となり、#eHealthの協力を得てパーソナライズドヘルスケアに参加します

| November 16, 2018

ラトビアはヨーロッパ宣言に署名しました 国境を越えたゲノムデータベースのリンクについて それは病気の理解と予防を改善し、特により希少な病気、癌と脳関連の病気のためのより個人化された治療を可能にすることを目的としています。

宣言は、すべてのEUのデータ保護規則に従って、国や地域の銀行の遺伝情報およびその他の健康情報への安全で認可された国境を越えたアクセスを提供したい国々の間の協力の合意です。科学的な成果と産業の競争力を促進すると同時に、個別化医療の世界的最前線にあるEU。 ラトビアは19ですth 10 April 2018で最初に宣言された宣言の署名者 デジタルデー.

署名した他のEU加盟国は、オーストリア、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、キプロス、エストニア、フィンランド、ギリシャ、イタリア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポルトガル、スロベニア、スペイン、スウェーデン、英国です。 4月に2018、委員会は 行動計画 欧州の協力を促進しながら、医療データを保護する。

欧州のデジタル・ヘルス・イニシアチブについての詳細は、 こちら.

注釈

Facebookのコメント

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: フロントページ, EU, 欧州委員会, ラトビア

コメントは締め切りました。