小規模な英国の工場は#Brexit - #CBIの前に生産量の落ち込みを期待

| November 8, 2018

英国の小規模メーカーは、今後3ヶ月間で7年間で初めて生産量が減少すると予想しているが、Brexitに先立って注文書が順調に落ち着いているとの見通しを発表した(7 11月)。 Andy Bruceさんに書きます。

国内の受注が横ばいになり、製造業者は投資計画を熟慮し、英国産業連盟(CBI)の中小企業(SME)の四半期調査で明らかにした。

このレポートは、Brexitよりも前のメーカーからのダウンビート信号のストリングに追加されました。これは現在5ヶ月以内です。

テレッサ首相は自国保守党内からのブレキシット計画に反対し、他のEU首脳との合意に至るまでには至っていない。

「中小企業は明らかに圧力を感じている.CBIの経済学者Alpesh Palejaは、世界的な景気の軟化から輸出注文の撤退、Brexitの不透明感などが圧力をかけていることを明らかにしている。

今年の輸出見通しについての楽観主義は、英国の最後の不況の中で、4月の2009以来の弱い水準にまで下がった。

「(A)計画された設備投資の大幅な縮小は、Brexitの不確実性が、企業の成長と革新の計画から本当にかみ合っていることを証明しています。

タグ: , , , ,

カテゴリー: フロントページ, Brexit, ビジネス, EU, 製造業, UK