#ミャンマー - 人権と労働権の状況をEUミッションが評価

| 5年2018月XNUMX日

欧州委員会と欧州外務省の専門家の監視任務がミャンマーを28から31へ10月に訪れた。 これは、様々な国連報告書、特にラカイン、カチン、シャン州の人権侵害、労働権問題などに深刻な懸念を示している。

今週の高水準の使命は、ミャンマーが15の基本的な国連と国際労働機関(ILO)の慣行を監視するために欧州委員会が立ち上げた広範な関与の一環であった。 ミャンマーは、EBA(Everything But Arms)スキームを通じてEU市場への免税の無制限アクセスを継続的に受けるために、これらの条約に盛り込まれた原則を支持し、尊重しなければならない。

このミッションの調査結果は、一時的なEBA回収手続きを通じてこれらの貿易嗜好を取り除くべきかどうかの分析につながるであろう。 欧州連合(EU)は今、ミャンマー政府からの情報だけでなく、ミッション中に収集された情報を次のステップを検討する前に優先的に分析する予定である。 EUは、国際社会の懸念に対処するためにミャンマーに必要な支援を提供する用意がある。 それにもかかわらず、他の協力チャネルが結果に達することができなければ、貿易選好の撤回は明らかな可能性がある。

セシリア・マルムストロム(CeciliaMalmström)商務長官は、「貿易は正当化され、利益のための強力な力となる。 数年以来、私たちは、貿易の嗜好やEU市場へのアクセスが基本的な人権と労働権を促進するインセンティブであることを確実にするよう努めてきました。 我々はミャンマーがこの監視ミッションの間に強調された重大な欠点に対処することを期待している。 彼らが行動しなければ、ミャンマー当局は自国の経済社会開発にとって不可欠であると判明したEU市場への関税のないEU市場への自由なアクセスを確保しており、そのような部門の労働者に数千の雇用を提供しているテキスタイル、農業、漁業など。 我々は、ミャンマーが状況を改善し、ミャンマーが約束している国際条約に謳われている原則が損なわれないように支援することに全力で取り組んでいる」

EUは、ミャンマー軍や治安部隊、特にRakhine州だけでなく、KachinとShan州でも、軍隊の不均衡な使用や、広範かつ体系的な人権侵害に重大な懸念を表明している。 これらの違反は、今年9月にミャンマーで開催されたUN独立国際ファクト・ファインディング・ミッションの詳細な報告書でも最近確認された。

今週行われたEUのミッションでは、労働組合、企業、市民社会、国連と国際労働機関の各国代表と会談し、数人の閣僚と会談した。 ミャンマーとの間で、国連機関との建設的協力の確保、 人道に対する罪を犯した疑いのある人物を調査し訴追する国際的な努力を支援する。 特にラカイン、カチン、シャン州での人道的なアクセスを確保する。 バングラデシュにおけるロヒンギャ難民の自発的、安全かつ威厳ある帰還のための条項を作成する、ラクシン州諮問委員会の勧告の実施を確実にする。

EUのミッションはまた、特に幼児募集などのミャンマーの軍隊による強制労働の継続的な使用、結社の自由や団体交渉のさらなる改革の必要性に関する懸念について話し合った。

背景

EUは、一般化された嗜好スキーム(GSP)のEBA協定に基づき、先進国(LDCs)の輸出者に対して、武器と弾薬を除くすべての製品の市場への関税フリーとクオータフリーの市場へのアクセスを一方的に許可するこれらの国々の経済発展と世界貿易システムへの統合に貢献する。

受益国は、国際連合および国際労働機関の15の基本的な国際人権および労働権条約に定められている主要原則に重大かつ組織的に違反しているという証拠がある場合、貿易優先権を一時的に撤回することができます。

EBAの取り決めは、ミャンマー経済にとって大きな利益をもたらしました。 EUへの優遇輸出は、近年、535の€2015から1.3の€2017へと急激に増加している。 ミャンマーのEBAに適格なすべての輸出の中で、95%はEBAプリファレンスで作られた。 2017では、ミャンマーのEUへの輸出の72.2%が繊維部門に起因する可能性があり、特にこの分野での雇用創出と成長が堅調に推移しています。 EUはミャンマー最大の輸出市場であり、3のミャンマー総輸出額の8.8%を吸収している。

EUはミャンマーとの関係を強化している(EU 1月のGNSレポート2018欧州議会(European Parliament)によってさらに強調されたように、人権尊重と法の支配の継続的な悪化に対する重大な懸念に応えて13 9月2018の決議)と理事会(外交問題評議会 26 2月の結論2018).

詳しくは

CommissionerMalmströmのブログ記事

EBS(Everything but Arms)とは何ですか?

注釈

Facebookのコメント

タグ: , , , , , , ,

カテゴリー: フロントページ, EU, 欧州委員会, ミャンマー

コメントは締め切りました。