英国とノルウェーは#Brexit後に市民のために残ることに同意する

| 2年2018月XNUMX日

ノルウェーとノルウェーの首相は今週、ノルウェーに住んでいる英国人とイギリスに住んでいるノルウェーの市民が住む権利を持っている。

火曜日に発表された合意(30 10月)は、英国が3月にEUを離脱した後に適用される条件に関して、英国と北欧の間で合意された最初の具体的なステップだった。 ノルウェーはEU加盟国ではないが、より広い欧州経済圏(EEA)の一員として単一市場に参加している。

「ノルウェーに住むすべての英国人の市民を扱うため、3月の2019以降も同じ機会を得ることになるだろう」と述べ、英国とノルウェーはBrexitとの合意に同意すると「非常に近い」と付け加えたロンドンはブリュッセルと締結する。

テレーズ・メイ首相はオスロを訪問し、すでにイギリスに住んでいるすべてのEEA諸国の市民にそのような権利を付与するという広範な約束の一環として、ノルウェーの市民に同じ約束をしていると言いました。

「何が起こったとしても、EEA、ノルウェーの市民、そして英国に住む人々の生活の選択肢を英国にできるようにするために英国にいることを確認しました。 私たちは彼らが留まることを願っています。

ソルベルグ氏は、英国がEEA諸国との自由貿易協定なしでEUを離れる場合、ノルウェーと英国の間で最も挑戦的な問題は商品の取引であろうと述べた。

ロイター通信によると、「最も困難な部分は、特にノルウェーから英国への商品であり、英国側は我々の側よりも問題がある」と述べた。

ノルウェー議会でノルウェー議会(Nordic Council)の会合が開催された後、5月に話したところによると、「英国だけで対処しなければならないが、(イギリス)は誰も対処しなければならない」と述べた。

イギリスはノルウェーの最も重要な貿易相手国であり、石油、ガス、魚を購入しています。

それでもソルベルグは、オスロとロンドンがハードなBrexitの場合でもノルウェーとイギリスの間で「物事を機能させる」ことができると「絶対に信じている」と述べた。

注釈

Facebookのコメント

タグ: , , , ,

カテゴリー: フロントページ, Brexit, EU, ノルウェー, UK

コメントは締め切りました。