MEPは#イエメンで子供を含む一般市民に対する攻撃を非難する

| October 9, 2018

欧州連合(EU)諸国は、イエメンにおける世界最大の人道危機を緩和するために、イエメン内戦のすべての当事者に武器を販売することを控えるべきである、とMEPは述べている。

イエメンの決断は、イエメンが内戦によって荒廃し、経済が崩壊したと指摘し、人道支援を必要とする百万人の人々、飢餓の危険にさらされている800万人の人々、 22 2の子を含む。

国際的に認められた政府、サウジ主導の連立政権、イラン支援のシーア派反乱軍Houthisなどの両軍は、病院、学校、その他の民間人の標的を含む人口密集地を砲撃していると非難されている。 彼らは、進行中の暴力、民間人への攻撃を強く非難し、人権侵害と人道法違反の捜査を独立して実施するよう要求する。

MEPは、紛争のすべての当事者に対し、イランを含む他の関係国に軍事的兵士に対する政治的、軍事的および財政的支援の提供をやめさせるよう直ちに敵対関係を直ちに停止するよう求めている。

サウジアラビアへの武器禁輸

また、サウジアラビアに武器禁輸を課すという以前の要求を再確認し、さらに、EU加盟国すべてに、サウジ主導の連立与党、イエメン政府、そして紛争の他の政党のメンバーに武器や軍用機材を販売することを控えるよう要請する。

この決議案は、紛争を終結させ、影響を受ける人々を支援するための国連、EU、加盟国の努力を裏付けるものです。 「紛争に対する政治的、包括的かつ交渉的な解決策だけが、平和を回復し、イエメンの統一を維持することができる」と、MEPは強調する。

背景

2015の初期から、国際的に認知された政府に忠実な軍は、Houthisとして知られるShia反乱軍と戦っている。 サウジアラビアが率いる連立与党2015はイエメンのAbdrabbuh Mansour Hadi大統領の助力を受け、Houthiの目標を打ち出した。 この連立は、ヨルダン、エジプト、モロッコ、スーダンの5つの湾岸アラブ諸国で構成され、米国と英国の支援を受けている。

詳しくは

注釈

Facebookのコメント

タグ: , , ,

カテゴリー: フロントページ, EU, 欧州議会, イエメン

コメントは締め切りました。