#東部パートナーシップ - EUと近隣諸国が#DigitalEconomyの協力を強化

| June 26, 2018

EUと6つの東部パートナー諸国 - アルメニア, アゼルバイジャン, ベラルーシ, ジョージアモルドバ共和国ウクライナローミング料金の削減に関するロードマップの採用、調整された方法によるサイバーセキュリティの脅威への対応、デジタル業界におけるより多くの雇用創出のためのe-サービスの拡大など、デジタル経済に関する協力を強化することに合意しました。

近隣政策と拡大交渉委員長ヨハネス・ハーン(描写)とデジタル経済・社会委員長Mariya Gabrielは、ベラルーシのミンスクで開催された10th非公式パートナーシップ・ダイアログで、デジタル経済の協力を促進するために、外務大臣とデジタルアジェンダ閣僚との間で合意した。

ハーン委員は、「欧州連合(EU)は、同地域の市民の利益のために、デジタル地域の東部パートナーと密接に協力し続けるであろう。 東アジアのパートナー国間のローミング料金を削減し、サイバー犯罪やサイバーセキュリティに取り組むためには、高速ブロードバンドインターネットを促進して経済を拡大し、eサービスを拡大し、デジタル業界でより多くの雇用を創出することが最優先です。 私たちは、2020までの協力の明確なプログラムとともに、具体的な成果を提供することに重点を置いています。

Gabriel委員は次のように述べています。「今日の非公式パートナーシップ・ダイアログは、我々が共通のヨーロッパのデジタル未来に向けて正しい道を歩んでいることを証明します。 2020が提供する成果物を達成するために東方のパートナーからのコミットメントを熱心に歓迎します。 より強力なデジタル経済を構築して市民に直接的な利益をもたらし、デジタル変換を成功させるのに役立ちます。 EUと東部パートナー間の長期的なデジタルコラボレーションにおけるいくつかの最初のステップのほんの一部は、ブロードバンド接続の強化、ローミング料金の削減ロードマップ、サイバーセキュリティへの協力です。

フル プレスリリース など ファクトシート 「EUはデジタル・エコノミーを発展させ、東部パートナー諸国の社会はオンラインで入手可能です。

注釈

Facebookのコメント

タグ: , , , , , , ,

カテゴリー: フロントページ, デジタルエコノミー, デジタル単一市場, デジタル社会, EU, 欧州委員会, ネットの中立性

コメントは締め切りました。