#EU - #モロッコ漁業協定は両国にとって有益だと、人権団体

| February 16, 2018

EUとモロッコ漁業協同組合協定が両国に利益をもたらし、協定の更新は、モロッコで人権を促進するためのEUの良い機会を提供するだろうと、ウィリー・フォートレー氏は語った。

「漁業協定は、人権に対する懸念が表明され、主流になる重要なメカニズムの1つです。 EUのレポーター.

近年、モロッコの人権状況は大幅に改善されており、EUはブリュッセルとラバトの政治対話における人権問題を引き上げる手段をEUに与えている、とフォートレー氏は述べている。

EUとモロッコの漁業協同組合契約は、7月の2018の更新が予定されています。 2007以来、合意により、120 EU加盟国からの11船は、EUからの財政援助と引き換えにモロッコの海岸を漁獲することができ、年間で€30百万ユーロ、船主から€10万円を払うことができます。

欧州委員会とモロッコ政府は、協定を更新する意思を表明した。 先月ブリュッセルで開催された環境・海洋漁業委員会のKarmenu Vellaは、Aziz Akhannouch、モロッコ農業、漁業、農村開発、水、森林大臣と会談し、漁業協定は「両当事者にとって不可欠」であると合意した。

スペインとデンマークが率いる多くの加盟国も、漁業協定の更新を支持している。

しかし、Melchoir Wathelet、欧州司法裁判所長官による10 1月号の意見は、西側サハラおよびその周辺海域に適用されるため、漁業協定は無効であると主張した。 彼の言葉はブリュッセルでモロッコが南部州と主張する紛争地域である西サハラの人々の権利をめぐりブリュッセルで議論を呼び起こした。

ブリュッセルに拠点を置く国際法の上級法律家の大部分は、Watheletの意見を拒否し、その合意は国際法と両立していると述べた。

フォートレー氏は、サハリスはEUとモロッコの漁業協定の恩恵を受けていると指摘した。 「彼らは起源地域に戻って、漁業協定によってもたらされるより多くの雇用機会を楽しむ権利がある」と彼は語った。

フォートレーは最近、サハラ以南のモスクワで運営されているダフラの漁港と魚工場を訪れました。 「工場には数多くの女性、主に女性が働いていた」と彼は振り返る。 「漁業は本当にモロッコの主な雇用源です。」

漁業はモロッコのGDPの2,3%を表し、170,000の人々に直接仕事を提供します。 国連食糧農業機関(FDA)によると、3万人のモロッコ人は日常生活の漁業に依存しています。

フォートレーは、漁業協定の非更新がモロッコの失業率を悪化させ、社会的不安定につながると懸念している。 モロッコとEUの間の緊張も「誰も望んでいない」結果になるだろう、と彼は言った。

欧州連合(EU)の司法裁判所は、27 Februaryの問題を再検討する予定です。 欧州委員会は、ルクセンブルグ裁判所の最終判決まで正式にコメントしない。

注釈

Facebookのコメント

タグ: , , , , , , , ,

カテゴリー: フロントページ, トレード

コメントは締め切りました。