EUレポーターに€1寄付をする

ヨーロッパの共通の#securityと#defenceへの道のり

| 2月13、2018

14-15 Februaryに、2018 NATO防衛大臣が再びブリュッセルで会合し、現在世界が直面している主な脅威について議論する予定です。 NATOは29加盟国で構成されているが、それらの22は同時にEUの加盟国であり、 Adomas Abromaitisは書いています。

一般に、NATOがとる決定はEUに拘束力を持つ。 一方で、NATOと米国は、主要な財政援助国であり、ヨーロッパではしばしば異なる目標を持っている。 彼らの利益と、安全を達成する方法についての見解は、常に同じではありません。 EU内には違いがあります。 欧州の軍事的なレベルの野心は、近年大幅に増加している。 昨年末に安全保障と防衛に関する恒久的な構造化協力(PESCO)として知られている欧州連合(EU)の防衛協定を確立する決定が、この傾向の明確な指標となった。

NATOに依存せずにEU独立防衛を形成するための最初の真の試みである。 EU加盟国は、安全保障と防衛分野でのより緊密な欧州協力の構想を積極的に支持しているが、この分野における欧州連合(EU)の活動に常に同意するとは限らない。 実際には、すべての国がNATOの枠組みであっても、GDPの少なくとも2%を支出する必要がある場合でも、防衛に費やす準備が整っているわけではありません。 このように、NATO自身の数字によれば、2017の米国(EU加盟国ではない)、英国(EU加盟国を除く)、ギリシャ、エストニア、ポーランド、ルーマニアのみが要件を満たした。 だから、おそらく他の国々は防衛を強化したいと思うかもしれませんが、新しいEU軍事プロジェクトには追加資金を払うこともできないし、そうしないことさえあります。

NATOの支援に大きく依存し、自らを守る機会がない国だけが、GDPの2%を防衛に費やしたり、支出を増やす準備ができている国(ラトビア、リトアニア)が注目されるべきである。 フランスやドイツなどのEU加盟国は、拠出を増やすことなく「プロセスをリードする」準備ができている。 彼らは、バルト諸国や東ヨーロッパの他の国よりも高い戦略的独立性を持っています。 たとえば、フランスの軍事産業団体は、歩兵兵器から弾道ミサイル、原子力潜水艦、航空機運搬船、超音速航空機まで、あらゆる種類の現代兵器を生産することができます。

パリは中東やアフリカ諸国と安定した外交関係を維持している。 フランスはまた、ロシアの長年のパートナーとしての評判を持ち、危機的状況においてモスクワと共通の言語を見つけることができます。 国境を越えて国益に多くの注意を払う。

最近では、パリがアフリカの平和を推進するための遠征事業での使用を主な目的とした汎汎欧州の迅速な反動勢力を2020によって作成するという最も精巧な計画を最近発表したことも重要です。 Macronフランス大統領の軍事的イニシアチブには、欧州諸国の軍隊の訓練の改善、国軍の戦闘準備の程度の向上を目的とした17ポイントが含まれています。 同時に、フランスのプロジェクトは既存の機関の一部にはならないが、NATOプロジェクトと並行して実施される予定である。 フランスは他のEU同盟国との間でプロジェクトを継続的に「促進」するつもりである。

他のEU加盟国の利益はそれほどグローバルではない。 彼らは、EUの防衛力を強化し、自らの欠点に注意を喚起するために、治安と防衛に関する政治を形成する。 彼らは軍隊を何も提供することはできません。 彼らの利益は、自国の国境を越えて広がっておらず、アフリカを通じての努力の分散には関心がありません。

EUの指導者と加盟国は、軍事統合の概念について合意に至っていない。軍事統合の構想は、治安と防衛に関する恒久的な構造化協力の確立の決定以来与えられている。 特に外務欧州連合(EU)外務副大臣Fedetera Mogheriniは、欧州の軍事計画、調達と配備、さらに外交機能と防衛機能の統合をより緊密に統合するための長期的なアプローチを提案している。

このような遅い進歩は、革命的なフランスのプロジェクトに警戒されているNATO関係者にとってより快適です。 だから、シュトゥットガルト事務総長は、同盟国の能力を不必要に重複させ、最も危険なのは、主要武器メーカー(フランス、ドイツ、イタリア、他のいくつかのヨーロッパ諸国)と同じ基準にするために現代のモデルを装備しています。

したがって、軍事分野におけるより緊密な協力の考え方を支持しながら、EU加盟国は共通の戦略を持っていない。 既存のNATO構造を補完し、それと衝突しない、強力なEU防衛システムを構築するには、妥協とバランスに時間がかかるだろう。 共通の見解への長い道のりは、欧州が欧州の防衛を保有するための長い道のりを意味する。

タグ: , , ,

カテゴリー: フロントページ, 防衛, EU, ナトー, 意見