ヨーロッパの共通の#securityと#defenceへの道のり

| 2月13、2018

14-15 Februaryに、2018 NATO防衛大臣が再びブリュッセルで会合し、現在世界が直面している主な脅威について議論する予定です。 NATOは29加盟国で構成されているが、それらの22は同時にEUの加盟国であり、 Adomas Abromaitisは書いています。

Speaking in general, the decisions taken by NATO are binding on the EU. On the one hand, NATO and the US, as its main financial donor, and Europe very often have different goals. Their interests and even views on the ways to achieve security are not always the same. The more so the differences exist inside the EU either. A European military level of ambitions has grown significantly in recent times. Decision to establish a European Union defence pact, known as a Permanent Structured Cooperation on security and defence (PESCO) at the end of the previous year became a clear indicator of this trend.

It is the first real attempt to form the EU independent defence without reliance on NATO. Though the EU member states actively support the idea of closer European cooperation in security and defence, they do not always agree on the European UnionXCHARXs work in this area. In reality not all the states are ready to spend more on defence even in the framework of NATO, which requires spending at least 2% of their GDP. Thus, according to NATOXCHARXs own figures, only the US (not an EU member state), Great Britain (leaving the EU), Greece, Estonia, Poland and Romania in 2017 met the requirement. So other countries probably would like to strengthen their defence but are not capable or even do not want to pay additional money for a new EU military project.

It should be noted that only those countries that have a great dependence on NATO support and have no chance to protect themselves, spend 2% of their GDP on defence or show readiness to increase spending (Latvia, Lithuania). Such EU member states as France and Germany are ready to XCHARXlead the processXCHARX without increasing in contributions. They have higher level of strategic independence than the Baltic States or other countries of Eastern Europe. For example, French military XCHARX industrial complex is capable of producing all kinds of modern weapons XCHARX from infantry weapons to ballistic missiles, nuclear submarines, aircraft carriers and supersonic aircraft.

パリは中東やアフリカ諸国と安定した外交関係を維持している。 フランスはまた、ロシアの長年のパートナーとしての評判を持ち、危機的状況においてモスクワと共通の言語を見つけることができます。 国境を越えて国益に多くの注意を払う。

最近では、パリがアフリカの平和を推進するための遠征事業での使用を主な目的とした汎汎欧州の迅速な反動勢力を2020によって作成するという最も精巧な計画を最近発表したことも重要です。 Macronフランス大統領の軍事的イニシアチブには、欧州諸国の軍隊の訓練の改善、国軍の戦闘準備の程度の向上を目的とした17ポイントが含まれています。 同時に、フランスのプロジェクトは既存の機関の一部にはならないが、NATOプロジェクトと並行して実施される予定である。 フランスは他のEU同盟国との間でプロジェクトを継続的に「促進」するつもりである。

他のEU加盟国の利益はそれほどグローバルではない。 彼らは、EUの防衛力を強化し、自らの欠点に注意を喚起するために、治安と防衛に関する政治を形成する。 彼らは軍隊を何も提供することはできません。 彼らの利益は、自国の国境を越えて広がっておらず、アフリカを通じての努力の分散には関心がありません。

The EU leadership and member states have not yet reached an agreement on the concept of military integration, the start of which was given since the adoption the decision to establish a Permanent Structured Cooperation on security and defence. In particular, the High Representative of the European Union for Foreign Affairs, Federica Mogherini, proposes a long-term approach to stimulating a closer integration of the European military planning, procurement and deployment, as well as the integration of diplomatic and defence functions.

このような遅い進歩は、革命的なフランスのプロジェクトに警戒されているNATO関係者にとってより快適です。 だから、シュトゥットガルト事務総長は、同盟国の能力を不必要に重複させ、最も危険なのは、主要武器メーカー(フランス、ドイツ、イタリア、他のいくつかのヨーロッパ諸国)と同じ基準にするために現代のモデルを装備しています。

したがって、軍事分野におけるより緊密な協力の考え方を支持しながら、EU加盟国は共通の戦略を持っていない。 既存のNATO構造を補完し、それと衝突しない、強力なEU防衛システムを構築するには、妥協とバランスに時間がかかるだろう。 共通の見解への長い道のりは、欧州が欧州の防衛を保有するための長い道のりを意味する。

タグ: , , ,

カテゴリー: フロントページ, 防衛, EU, ナトー, 意見