#ウクライナのPrivatBank:国有化またはキャプチャ?

 

 

 

 

 

 

 

 

経済危機の際に水を取るあまりにも大失敗した銀行は、経済のより良い利益のために国有化されている。 すべてがうまくいくと、金融システムは安定し、IMFは政府に救済措置を授与してライトを点灯させる。 この一般的な話のバリエーションは、最近のウクライナを含む過去10年間にいくつかのヨーロッパ諸国で活躍しています。 ここでは、アイルランドやポルトガルのような国とは異なり、オリガルツ、地方の汚職、ロシアの反乱勢力を背景にして銀行を国有化するという厄介な作業が行われました。 これは、見た目ほど単純ではなかった反りのある政治的景観のために作られました。

確かに、EuReporterに提供された新しい文書は、2016のPrivatBankの国有化の裏にある政治的な政治を明らかにし、システム的に重要な銀行を倒産から救う努力か、政治権力の一環として、その強力な所有者に打撃を与える?

12月の2016で国営化されるまで、PrivatBankは民間預金の3分の1以上を占めるウクライナ最大の商業貸し手であり、36%の小売顧客と20%の銀行セクター資産を有していた。 その所有者、イゴールKolomoyskiとHenadiy Boholyubovは、ウクライナの2010後の経済拡大の後ろにこのサイズにそれを成長させることに成功しました。 政府とロシアの支援を受けた分離主義者間の2014紛争の始まりで景気が急落したとしても、PrivatBankは大部分の貸し手よりも優れていた。 その年、たとえ戦いがウクライナの銀行業を大幅に縮小したとしても、PrivatBankは依然として前年より60%減益となりました。 2015では、UAH 80億の総損失を経験した業界ではマイナーな利益を上げることはほとんどありませんでした。 しかし、翌年、UAH 135億の莫大な損失を記録した。

当時の全国の貸出機関のように、PrivatBankは確実に困っていました。 しかし、8月の2015では、銀行の所有者は、ユーロ債の返済を3年間延長することができました。これは、国際アナリストの好意を反映したもので、国有化2ヵ月後の時点で、ウクライナのPetro Poroshenko社長は、十分な流動性。

それにもかかわらず、PrivatBankの副議長であるOleg Gorokhovskyが、後に一連の「情報攻撃」として記述すると、2016では、銀行が以前考えられたよりも大きな資本再構成を必要とし、詐欺に巻き込まれていると主張し、政府の買収のために熟していた。 8月、PoroshenkoがPrivatBankの健康状態を確認したのと同じ月に、メディアは銀行が必要とした資本再構成の量に関する話を書き始めた。 その部分については、PrivatBankはUAH 10億の資本注入が必要であると見積もったが、これはUAH 30-80億のメディアが出した数字に比べて小さくなっていた。 財務省は、さらに117-148十億円、10-15時間に銀行自身が報告した金額が必要と見積もった。 銀行の本の関連当事者貸付の程度についても同様の数字の膨らみが発生した。 2015終了時のPwC監査によれば、関連当事者に発行された貸出金は、銀行の総貸付ポートフォリオの17.7%に達したが、1年後のEY監査では、関連当事者貸出金は、4.7%国際財務報告基準基準を満たした。 しかし、これらの事実は、PrivatBankを「地域住民の貯蓄のための掃除機」と呼んでいるメディアのコメントで溺死した。ウクライナ国立銀行(NBU)のヴァレリヤ・ゴンタレバ大統領は、関連当事者ローンの数が近い99-100%には、以前の4-18%の見積もりよりもはるかに多い。

Gorokhovskyがこれらの声明がPrivatBankに対する情報戦争になったとの主張が歓迎されるなら、このプロセスにおけるGontarevaの役割は深刻な精査を必要とする。

ペトロ・ポロシェンコがNBU首席に任命される前、GontarevaはInvestment capital Ukraine(ICU)という金融グループの議長を務めました。 この功績で、彼女はポロシェンコの財務マネージャーとして働き、パナマペーパーが彼の所有権を隠すためにオフショア会社を設立するための精巧な努力であると判明した彼の菓子会社Roshenの販売を監督した。

ゴンサレワは、ローザンとの以前の仕事を考えて、大統領の親友とみなされてきた。大統領はNBUの政策を厳しく守ることができた。 彼女は、5月に銀行の役職から辞任する直前に、NABU(国家腐敗防止局)は、Gontareva下で働く上級NBU職員による腐敗行為の疑いを調査し始めた。ウクライナの銀行をリファイナンスするために配分された。 NABUのチーフArtem Sitnikによると、「このような決定は、NBUの最高経営責任者の同意なしには取られなかった」

われわれの調査によると、ポロシェンコとゴントレバの密接な関係と腐敗の主張は、「情報攻撃」は純粋に経済的な懸念ではなく、政府の政治的な仕組みに起因している可能性が高いことがわかります。 Poroshenkoは、NBUの代理店であるGontarevaに代わって、PrivatBankを政府の管理下に置くことで何かを得ることができましたか?

一つは、彼の政治的ライバル、コロミウスキを中和する効果的な方法だった。 PrivatBankの共同所有に加えて、コロニースキーはドニエフペトロフスク地方の知事を務め、近隣のドネツクに根差した分離主義的反乱を成功裏に成し遂げた民兵組織に資金を供給した。 皮肉なことに、当初はビジネスマンにこれらの民兵を資金援助することを奨励していたのは政府だった - 後で脅威と見なされるようになった。

このように新たに明らかになった証拠は、PrivatBankの国有化が、強力なオリガルを他の利益のために趣味にするキャンペーンよりも、経済的な正しさについてははるかに少ないことを示唆している。 この事件はまた、銀行システムにおける国家捕獲の程度と、政府が大統領のライバルに対するキャンペーンをマーシャルすることを可能にする制度上の独立性の欠如に関する懸念を高めている。 IMFのimprimaturを取り除き、ウクライナの政治の激しい光の中で国有化を見ると、それが何であるかはっきりと明らかになる:裸のパワー・グラブ。

タグ: , ,

カテゴリー: フロントページ, ウクライナ