欧州議会社長マーティン・シュルツは、可能な限りキリスト教徒を守ることを約束します

| 2年2015月XNUMX日 | 0コメント

20120605_-シュルツ -  _haxhinasto_084「私は議会が、それはキリスト教徒を保護することができますどこにその貢献をするだろうことを保証することができます、「欧州議会社長マーティン・シュルツは、インター信仰の対話、世界中のキリスト教徒の状況に火曜日の(1年12月)の会議を閉じ、と述べました。 議会副社長アントニオTajani主催の会議では、それに取り組むために、世界中のキリスト教徒と具体的な提案の迫害に焦点を当てました。

シュルツは言った: "迫害がEU外に起こっているが、我々はそれを無視するわけにはいきません。 私たちのすべては、特にEPで、対話と相互尊重が必要であることを認識しています。 基本的権利は大きな脅威の下で、今日と宗教の迫害されている - それは、基本的人権の侵害です」。
副総裁として、宗教間の対話の責任者であるタジャニ氏は、「少なくとも200の教会や礼拝堂は毎月攻撃されている。 毎日、私たちの惑星のすべての地域で、キリスト教徒に対する組織的暴力と迫害の新たなケースを登録しています。 他の宗教団体は、キリスト教共同体であるように、そのような憎しみ、暴力、そして侵略に直面していません。

下開催された会議、 宗教間対話に関するEU条約の記事17、また、会議の最後に福音の歌を歌ったアンソニー・L・ガードナー、パキスタン、エリトリアからエレーヌBerhaneからEU、博士ポールBhattiさんへの米国大使による貢献を特色にしました。

注釈

Facebookのコメント

タグ: , , , , , , ,

カテゴリー: フロントページ, キリスト教, EU, 欧州議会, 信仰, 宗教

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *