妥協点が見つかりました:EU艦隊の一部は2014の終わりまでモーリタニア水域で漁業を継続することができます

フィッシュ・マーケット・イン・ヌアディブ-ハーバー、-Mauritania、-West-Africa.-クレジットマルコ・Care_Marine-PhotobankEU-モーリタニア水産議定書の枠組みの中で、モーリタニア海域でエビや小pelagics釣りEUの船は15 12月2014までそうし続けることができるようになります。 これは、モーリタニア当局がすべてのEU血管が1 8月2014のようモーリタニア海域を離れなければならないであろうという立場を支持した後、EUの交渉担当者はヌアクショットで最後の夜見つかった妥協の一部です。

見つかった合意によると、モーリタニアは、二国間漁業議定書の一部として24ヶ月の期間のためのEUの漁業活動を受け入れ、1月2013で開始ひいてはエビや小pelagics漁業を継続することができ、マグロを釣っていたものを、EUの船舶に対し、および移行期間中の8月2012以来demersalsは今日モーリタニア海域を残しておく必要があります。 また、EUとモーリタニアは完全なEU艦隊はすぐに彼らの活動を再開することを可能にするように、新たな水産プロトコルのための議論を継続することで合意しました。

詳しくは

注釈

Facebookのコメント

タグ: , , , , , , ,

カテゴリー: フロントページ, EU, 欧州委員会, マリタイム

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *