#HumanRightsWithoutFrontiers - #Polandの#NorthKoreaワーカーの搾取

| November 8, 2018

フロンティアのない人権と協力してあなたにもたらされた、人権を議論する定期的なシリーズの第2回へようこそ。 このプログラムでは、ポーランドの北朝鮮労働者の搾取を見ている。

この問題を扱った映画は、MEP LaszloTökesとFrontiers Without Human Rightsの欧州議会内で開催されたイベントで上映されました。

この映画は、 ドルの英雄国連とEUの制裁にもかかわらず、北朝鮮からの労働力の雇用を禁止しているにもかかわらず、練習を続けている。 民間企業とポーランドの国家機関の共謀によって、北朝鮮労働者はポーランドで働き続けて平壌に搾取され、1ヶ月あたり150未満の個人所得しか残されていない。

問題は、フロンティアのない人権によって積極的に追求されてきた。 19の9月に、NGOは、ワルシャワで開催されたOSCEの人権機関と人権事務所の人間の端界実施会議(HDIM)で、ポーランド代表団にOSCEに尋ねて公表した。「北朝鮮労働者の数現在ポーランドで働いており、最後のHDIM会議以来、いくつの就労ビザが発行されているのか?

ポーランドの公式回答には相反する統計が含まれている

国籍、性別、人種や民族、宗教、言語、その他の分類にかかわらず、すべての人々の人権の普遍的かつ平等な適用に影響を及ぼすその他の問題については、来月もまた見ていきます。

タグ: , , , ,

カテゴリー: フロントページ, 特集, おすすめ記事, 人権, 人権