インスタグラム

CO2排出量

飛行機や船からの排出量の削減:EUの行動の説明 

SHARE:

公開済み

on

私たちはあなたのサインアップを使用して、あなたが同意した方法でコンテンツを提供し、あなたの理解を深めます。 いつでも退会できます。

飛行機や船舶からの排出量は増加していますが、EUは2050年までにカーボンニュートラルに到達したいと考えています。排出量を削減するためのEUの対策について読んでください。 社会.

EUの総排出量の約8%しか占めていないにもかかわらず、 航空および海運からの排出量は増加しています。 EUの総排出量を55年までに2030%削減し、2050年までに純ゼロに到達させるために、EUは気候変動に対抗する野心的な計画を立てています。 Fit for 55と呼ばれる立法パッケージは、 EUのグリーンディールの目的、両方のセクターからの排出量を削減するための提案が含まれています。

もっと読んでください 排出量削減のためのEUの目標と対策.

航空の排出権取引の改善

EUは 航空排出量を削減 そのを通じて 排出権取引制度 (ETS)。 これは、航空会社が排出量をカバーするために排出権を放棄する必要がある航空セクターに、いわゆるキャップアンドトレードルールを適用します。 ただし、EU企業を不利な立場に置くことを避けるために、排出権取引システムは現在、すべてのEU諸国、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェーをカバーする欧州経済領域内のフライトにのみ適用され、ほとんどの手当は航空会社に分配されます無料で。

8 June 2022では、 議会は、航空の排出権取引システムの改訂に賛成票を投じました。 航空部門における温室効果ガス排出量の削減をパリ協定に合わせるために、MEPは、欧州経済領域外に着陸するフライトを含む、欧州経済領域を出発するすべてのフライトに排出量取引システムを適用することを求めています。

議会は、欧州委員会の提案の2025年前に、75年までに航空への割り当てを段階的に廃止したいと考えています。 MEPは、航空手当のオークションで得られた収益のXNUMX%を、イノベーションと新技術をサポートするために使用したいと考えています。

規則の最終的な形について、EU諸国との交渉を開始します。

ヨーロッパ以外のフライトの解決策を見つける

広告

これまでのところ、欧州経済領域外を発着するフライトの排出権取引システムは停止されています。 目的は、同等の国際システムの開発のための時間を確保し、国際的なパートナーとの衝突を回避することです。

ただし、EUは 国際民間航空機関 として知られているグローバルな市場ベースの措置を実施する コルシアこれにより、航空会社は、植樹などのグリーンプロジェクトに投資することで、排出量を相殺することができます。

海上輸送からの排出量の削減

16年2020月XNUMX日、MEPは賛成票を投じました EUの排出権取引システムにおける海上輸送を含む 2022年現在、および2年までにCO40排出量を少なくとも2030%削減するために、海運会社に拘束力のある要件を設定しています。

MEPによると、欧州の規則に合わせるために大型船からのCO2排出量と燃料消費量の監視に関するEU規則を改訂するという当初の委員会の提案は、経済のすべてのセクターを脱炭素化する緊急の必要性を考えると、十分に野心的ではありませんでした。

27年2021月XNUMX日、 議会は、海運業界による排出量の大幅な削減の必要性を繰り返した そしてそれはEUの排出権取引システムに含まれています。 また、競争力や仕事への影響を評価することの重要性を強調し、 炭素漏れ.

議会は、気候に中立なヨーロッパへの移行において、海事部門がよりクリーンでより効率的になるのを助けるために、以下の措置を望んでいます。

  • 代替燃料の免税による補償を伴う重質燃料油の段階的廃止
  • ヨーロッパの港の脱炭素化、デジタル化、自動化
  • 最も汚染されている船舶のEU港への規制されたアクセス
  • 船速の最適化、流体力学の革新、新しい推進システムなどの技術的改善

Fit for 55立法パッケージの一部として、委員会は2021年17月に、議会の要請に応じて、海上輸送をカバーする拡張を含む排出権取引システムの更新を提案しました。 2022年XNUMX月XNUMX日、環境委員会のメンバー 提案を支持した。 XNUMX月、本会議は貿易システムの改革を委員会に呼び戻し、 立法に関するさらなる作業。 MEPは、22月23〜XNUMX日の本会議で改訂された提案について話し合うことが期待されています。

輸送機関からの排出量削減の詳細

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド