私達と接続

鉄鋼業界

アルセロール・ミッタル・ゲントで製鉄所のCO2をリサイクルする新技術を世界初試験

SHARE:

公開済み

on

アルセロール・ミッタル・ゲントは、三菱重工業製の炭素回収ユニットを使用して、気候技術企業 D-CRBN の新技術の初の産業試験を主催します。三菱重工業は D-CRBN ユニットに高純度の二酸化炭素 (CO2) を供給し、アルセロール・ミッタルの工場で回収された CO2 を鉄鋼および化学製品の製造に使用する一酸化炭素に変換します。

これはD-CRBNのプラズマ技術の初めての産業試験であり、ベルギーのアルセロール・ミッタル・ゲントは、CO2排出量を削減するように設計されたこのプロセスを試験する世界初の製鉄所となります。

この新たな試験は、MHIの炭素回収技術(Advanced KM CDR Process™)の本格展開の実現可能性をテストするために、現在この場所で行われている複数年にわたる炭素回収パイロットを拡張するものです。

アントワープに拠点を置く D-CRBN 社は、プラズマを使って二酸化炭素を一酸化炭素に変換する技術を開発しました。再生可能な電力を使用してプラズマが炭素と酸素の結合を切断し、CO2 を一酸化炭素に変換します。一酸化炭素は、製鉄工程で還元剤として使用でき、高炉で使用されるコークスや冶金用石炭の一部を置き換えることができます。また、ゲントの Steelanol 工場では、化学薬品や代替燃料の生産のための基本原料として使用できます。 

D-CRBNプロセスには高純度のCO2が必要ですが、これは現在ゲントの高炉排ガスや熱間圧延機再加熱炉からの排ガスを回収するために使用されているMHIの炭素回収ユニットによって供給できます。

1月2日、MHIの炭素回収ユニットとD-CRBNのユニット間のパイプラインが接続され、MHIの技術で回収したCO2をD-CRBNの原料として使用する可能性をテストしました。産業パイロットは、製鉄中に生成されるCOXNUMXに付随する不純物がプロセスと生成ガスに悪影響を及ぼさないことを確認するための、D-CRBNの技術テストの重要な段階です。

広告

アルセロール・ミッタルは、35年までにアルセロール・ミッタル・ヨーロッパからのCO2排出量を2030%削減するなど、気候目標を達成するために、いくつかの脱炭素化ルートを追求しています。これらのルートのXNUMXつは、高炉で循環型炭素を使用し、炭素回収・貯留(CCS)または利用(CCU)するスマートカーボン製鉄です。

アルセロール・ミッタル・ベルギーのCEO、マンフレッド・ヴァン・フリーベルゲ氏は、「ゲントでのこのユニークな炭素回収・利用試験に参加できることを誇りに思います。これは、アルセロール・ミッタル・ベルギーでスマートカーボン製鉄ルートを開発するという当社の戦略の一環です。当社のエンジニアチームは、この段階に到達するためにパートナーと懸命に取り組んできました。そして、新しいパートナーであるD-CRBNが、ここベルギーでこの新しいCCU技術を生み出したことを大変嬉しく思っています。」と述べました。  

D-CRBNのCEO、ギル・シェルチェンス氏は、「D-CRBNは、この革新的な炭素回収・利用(CCU)パイロットプロジェクトでアルセロール・ミッタルおよび三菱重工業と提携できることを大変嬉しく思います。鉄鋼生産の電化は困難ですが、CO2排出をCOにリサイクルするD-CRBNのプロセスは、費用対効果が高く拡張可能なソリューションを提供します。当社の技術は、既存の高炉を電化して脱炭素化し、石炭の使用を大幅に削減できます。鉄鋼生産のためにCO2をCOに戻すことで、将来的にグリーン水素の必要性が制限され、排出ゼロ製品のコストが削減されます。さらに、生成されたCOの一部は、近隣の化学会社に原料として供給することができます。」と述べています。

MHIのGX(グリーントランスフォーメーション)ソリューション担当上級副社長(CCUS)の永易達人氏は、「CCUSは鉄鋼業界の既存資産の脱炭素化に重要な役割を果たすでしょう。アルセロール・ミッタル社およびベルギーのD-CRBN社との協力は、排出物を捕捉し、それを貴重な原料に変換し、それをプロセスにフィードバックするという、業界が炭素排出量を削減するための新たな手段を提供します。この取り組みは、より環境に優しい未来に向けた持続可能な実践と革新的なソリューションへの当社の取り組みを示すものです。」と述べています。

アルセロール・ミッタル、三菱重工、BHP、三菱デベロップメント(三菱デベロップメント)は2024年2022月、ベルギーのアルセロール・ミッタル・ゲント工場で高炉排ガスを利用したパイロット炭素回収装置の運転を開始したと発表した。2者はXNUMX年XNUMX月、ゲント製鉄所を皮切りに、複数のCOXNUMX排出地点で三菱重工の炭素回収技術(Advanced KM CDR ProcessTM)の複数年にわたる試験で協力することを発表した。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド