私達と接続

開催地フランス

フランス、EUの気候変動目標の承認を求める原発推進集会を主催

SHARE:

公開済み

on

フランスは火曜日(16月16日)、原子力推進派の欧州2050カ国の閣僚による会合を主催し、原子力発電の拡大を調整し、EUに対しXNUMX年までの気候目標達成における自らの役割を認識するよう促すことを目的としたと、同国エネルギー省が発表した。

パリでの会合には、EUエネルギー委員のカドリ・シムソン氏のほか、フランス、ベルギー、オランダを含むEU14か国の代表者のほか、オブザーバーとしてイタリア、非EU招待者として英国も参加した。

フランス省当局者は、同国は2基の原子炉を建設中であり、規模の経済に関する情報を共有できるため、英国の参加は価値があると述べた。

各国は原子力プロジェクトの最新情報を提供する。「欧州の原子力部門を再開するために、資金調達、職業訓練、採用などの問題でどのような相乗効果と調整が図れるかが分かるだろう」と当局者は語った。

EUロビー団体ニュークリアヨーロッパのディレクター、イブ・デバゼイユ氏も、潜在的な雇用創出と投資に関する数字を含むプレゼンテーションを行う予定だ。

会合後の声明草案では、各国はEUの脱炭素化目標において原子力を他のグリーンエネルギー技術と並んで認め、原子力エネルギーをEUのエネルギー政策に組み込むよう委員に促すと述べられている。

フランス当局者によると、会談では特にEUネットゼロ産業法、水素バンク、低炭素水素の定義、水素輸入戦略などが取り上げられる予定だという。

広告

文書草案はまた、小型モジュール型原子炉に関する EU コミュニケーションの発行も求めている。

この声明は火曜日の採択までにまだ変更される可能性があるが、参加者らは小規模と大規模を合わせて150~2050基の新規原子炉を建設することで、EUの原子力容量を現在の100ギガワットから30年までに45ギガワットに増強する計画だと述べた。

サプライチェーンの強化とロシアへの依存度の低減も調整目標に挙げられている。

欧州委員会の当局者は、シムソン氏の出席は「成長産業とネットゼロに向けた主要技術に積極的に注目していることを示すものだが、我々の限定的な役割と中立的な立場から逸脱するものではない」と述べ、署名された宣言は各国の代表者のみによって作成される予定だと述べた。

原子力エネルギーは今年、EUのエネルギー政策の議題に躍り出た。 分裂した国々 エネルギー源をEUの再生可能エネルギー目標に含めるかどうかをめぐる論争の中で、原発推進同盟と反原発同盟に分かれた。

この法律に関して土壇場の妥協が打ち砕かれた後、フランスと他の核推進国は現在、原子力エネルギーの地位をより広範に改善し、その技術を利用する国々間の協力を促進しようとしている。

原子力エネルギーはベースロードのCO2フリー電力を大量に生産することができ、ポーランドを含む欧州諸国は化石燃料の段階的廃止を支援するために最初の原子炉を計画している。

チェコ共和国など一部の内陸国は、特に沿岸国とは異なり、大規模な洋上風力発電所を建設できないため、原子力を重要なグリーンエネルギー源とみている。

先月最後の原子炉を停止したドイツ、ルクセンブルク、オーストリアなど、EUの原子力反対派は、近年フランスの原子力艦隊を悩ませてきた廃棄物処理やメンテナンスの問題などの懸念を挙げている。

オーストリアとルクセンブルクは、原子力への投資を公式に「グリーン」と位置付けるEUの決定をめぐり訴訟を起こしている。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド