私達と接続

教育

未来のためのパートナーシップ: 原子力企業の教育の未来をどのように若者が形作っているのか?

SHARE:

公開済み

on

1 月 2022 日、ニジニ・ノヴゴロド。 Global Impact Conference XNUMX – 数百万人の聴衆を持つ専門家のプラットフォーム – は、教育の未来、革新的な教育技術、および持続可能な知識エコシステムを構築するための戦略に関する議論を主催しました。

特別な部分は、Impact Team 2050 のメンバーに与えられました。メンバーは、パネル セッションを司会し、彼ら自身の研究の結果を発表しました - Education X: Catalyst for the Future - ロシアの原子力技術リーダーである Rosatom への教育と教育の活用に関する主要な推奨事項を含むグローバルなスキルトレーニング。

2050 年前、若者とのグローバル パートナーシップである Impact Team 11 は、若い世代の要求に応じて企業経営とその変革の重要な問題に対処するために、Rosatom のアレクセイ リハチェフ事務局長によって立ち上げられました。 このパートナーシップは、11 カ国 (中国、インド、ブラジル、エジプト、トルコ、ウズベキスタン、カザフスタン、アルメニア、アルゼンチン、南アフリカ、ロシア) の XNUMX 人の若い男女からなる CEO の諮問委員会の形で実施されます。 各チーム メンバーの背後には、独自の価値観と世界の開発動向に対するビジョンを持った自国の若者がいます。

若者とのパートナーシップは、国連グローバル コンパクトのメンバーである Rosatom の取り組みの中で導入され、持続可能な開発のための 2030 年国連アジェンダに従って持続可能なビジネスを強化しようとしています。 国連事務総長のアントニオ・グテーレス氏は、ワールド・ユース・スキルズ・デーで、「若者は変化の原動力として世界中で認められなければならず」、「彼らの将来に影響を与える決定に完全に関与する」権限を与えられなければなりません。

According to the report “Education X: Catalyst for the Future”, the nuclear education has primarily a scientific and technological profile tightly connected with energy sector and this does not reflect the needs of the time. Among initiatives recommended by youth were bringing instruments of advocacy through educational platforms that would help explain to the public the basics of nuclear energy and its applications. The nuclear education has to make a transition from a one-way to a multi-way approach, where science is seen as a nuclear basis, however, followed by programmes into new nuclear businesses.

Impact Team 2050のメンバーでAfrica4Nuclear(南アフリカ)の創設者であるMthombeni王女は、次のように述べています。 トルコのインパクト チーム 2050 のメンバーであるニサヌール ケプセラー女史は、世界の多くの地域で核技術に関する情報が大幅に不足していることに注目を集めました。教育構造を通じて行われます。 Rosatom は、この分野で豊富な経験を持つ企業として、この問題の解決を主導することができます。」

さらに多くの国際的な起業家やグローバルに焦点を当てた企業が、持続可能な未来に向けた戦略の構築について若い世代にアドバイスを求めています。 これらは主に IGO または企業のリーダーシップの下にある若者グループです。 最も有名なものの XNUMX つは、国連事務総長の気候変動に関する青少年諮問グループです。 この傾向は、タタールスタン共和国国務院の青年議会やニューヨークの市民苦情審査委員会の青年諮問委員会など、地域や地方自治体の管理にも反映されています。 Rosatom は、若い世代との緊密な協力の単一のビジネス例ではありません。Ernst & Young は、その慈善団体の下に Youth Advisory Board を設立しました。

広告

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド