私達と接続

求人案内

新たな調査で2024年に最も住みやすく働きやすい国が明らかに

SHARE:

公開済み

on

  • ノルウェーは働きやすい場所として世界ランキングで首位を獲得、従業員の満足度とワークライフバランスの基準を確立  
  • スイスが世界で最も働きやすい国に選ばれ、従業員の幸福の新たな基準を確立
  • オランダはインクルーシブな職場の頂点として台頭し、多様性と受容において世界をリード 

キャリアアップ、より高い給与、より良いワークライフバランスを求めて移住を望む人がかつてないほど増えている中、グローバルワークスペースプロバイダー インスタントオフィス 労働時間、年次休暇、平等、幸福、育児休暇などに基づいてGDPの高い国々を分析し、スコアを付け、世界で最も働きやすく住みやすい国のランキングを作成しました。   

生活と仕事に最適な国トップ3  

上のグラフは、幸福度、最低賃金、育児休暇、休暇手当、LGBTQ雇用、平等指数、ワークライフバランスに基づいてランク付けされた、世界で生活し、働くのに最も適した上位3か国を示しています。 

総合的に見て上位3位のノルウェー、オーストラリア、オランダは、高い生活水準、強力な経済、優れたワークライフバランス、強固な社会保障制度、包括的で多様性のある労働環境を提供しています。   

いずれも世界で最も幸福な国トップ3に入っている、しかし、それぞれ他の分野でも高いスコアを獲得しました。  

ノルウェーは、世界で最も有給の 49 週間の産休を提供しています。オーストラリアの最低賃金は時給 15 ドルと最も高いものの 32 つですが、オランダは週の平均労働時間が XNUMX 時間で、ワークライフ バランスが最も優れている国として他国を上回っています。   

広告

オーストラリアは世界でも最低賃金が最も高い国の一つであり、 平均労働時間は週29時間なので、太陽を楽しむ時間はたっぷりあります。20日間の休日に加え、オーストラリアでは柔軟な働き方も取り入れられており、フレキシブルなコワーキングスペースが増えています。シドニーの最高のコワーキングスペースをいくつか見てみましょう。 (茶事の話はこちらをチェック)

ノルウェーは最高の職場天国として世界ランキングでトップに 

ノルウェーが2024年に世界で最も働きがいのある国として勝利を収めたことは、0.961年のHDIが2021で、数年にわたってUNDP人間開発指数でトップに立っていることからも驚くには当たらない。HDIは、国の人間開発の成果を要約したもので、次のような項目が含まれる。 

  • 長くて健康な寿命
  • 生活水準
  • 知識

ノルウェーは、私たちが分析したほぼすべての分野で高いスコアを獲得し、平等、LGBTQ雇用、育児休暇でトップとなり、幸福、ワークライフバランス、最低賃金でも上位3カ国にランクインしました。 

スイスの至福:スイスは幸福度で世界第1位 

マッキンゼーの調査によると、昨年、15か国の従業員のXNUMX分のXNUMXが燃え尽き症候群を感じていた。もしあなたが燃え尽き症候群や過労を感じているなら、スイスに移住すれば、オフィス生活とプライベートの時間のバランスをより良く保てるかもしれない。 

スイスの労働者を全体的に満足させる要因としては、一人当たりの GDP、社会的支援、健康寿命、人生を選択する自由などがあります。スイスは最低賃金で第 1 位にランクされており、仕事と生活のバランスが最も良い国として世界トップ 5 に入っています。  

オランダにおけるインクルーシビティの勝利 

オランダは、分析対象となったすべての国の中で平等指数のスコアが2番目に高く、世界で最も進歩的な就労国の一つとして位置づけられています。当然ながら、オランダはLGBTQA+の従業員が働くのに最適な国のトップ3にもランクインしています。  

オランダは、世界でもトップクラスの幸福度とワークライフバランススコアを誇り、2024 年の世界の労働者にとって包括的で魅力的な避難場所を提供します。  

アムステルダムでの共同作業

オランダには一般的に活発なコワーキングコミュニティがあり、特にテクノロジーやクリエイティブな分野ではアムステルダムのオフィスの需要が高くなっています。

アムステルダムのコワーキングスペースのリストはこちら ページ をご覧ください

情報源と方法: インスタントオフィス 幸福度、最低賃金、育児休暇、休暇手当、LGBTQ雇用、平等指数、ワークライフバランスに基づいてGDPの高い国を分析し、スコア付けし、世界で最も住み、働くのに最適な国を決定しました。   

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド