私達と接続

農業

欧州連合の農業政策の再考: 地方分権化の呼びかけ

SHARE:

公開済み

on

欧州連合の共通農業政策(CAP)は厳しい監視下にあり、批評家はその硬直性と中央集権的なアプローチを厳しく批判している。議論が激化するにつれ、農民や政治家を含むさまざまな方面から、EUの食料安全保障目標と経済成長との整合性を高めるための大幅な改革を求める声が高まっている。

政治家など アクニア・エイドリアン ルーマニア連合同盟(AUR)副会長、 (写真)現在のCAPは国家主権、自己決定、個人の責任の基本原則を損なうと主張している。アクニア氏は、EUによって課された現在のアプローチはイノベーションを抑制し、必要な仕様、独特の農業景観、気候、伝統に合わせて農業政策を調整する加盟国の能力を妨げていると強調する。アクニアは、持続可能性と経済成長を促進するために、加盟国が農業政策を形成する上でより大きな自主性を認めることの重要性を強調し、次のように述べた。

「私たちは、EUによって押し付けられた画一的なアプローチは持続可能な農業慣行や経済成長に寄与しないと信じています。ルーマニアではこれまでのところ、CAPは農家の灌漑システム開発を支援することも、家族経営の小規模農場を保護し、単一市場での競争力を維持することもできていない。」

アクニア氏は、現在のCAPが小規模な家族経営の農場よりも大規模なアグリビジネスに不均衡な利益をもたらしていることを明らかにしている。地域経済への貢献が大きく、活力ある農村社会を支援する中小規模農家を優先する農業補助金改革の必要性を強調。

ここ数年の出来事は、ヨーロッパの農民を不道徳な競争から守るために、通商政策に対する保護主義的なアプローチの必要性を示している。アクニアは、「各加盟国の強みを支援するカスタマイズされた政策は、資源のより効率的な配分と農業セクター全体の強化につながり、農家と消費者の両方に利益をもたらすことができる」と述べています。国内の農業生産を優先することで、EUは食料安全保障を強化し、気候変動を緩和し、生物多様性を保全し、地元のEU農民を支援できる可能性がある。 AUR の立場は、CAP 内の部分的な分散化と柔軟性を求める、より広範で急速に高まっている要求と一致しています。多くの人が、農業部門と国民に最大限のサービスを提供できるよう加盟国に権限を与えるよう求めてきた。

欧州連合がこれらの課題に対処し続ける中、次のような声が上がっています。 アクシニア 農業政策へのより分散化された柔軟なアプローチを主張するエイドリアン氏が台頭しており、EUは、より明るく、より持続可能な欧州農業への道をうまく切り開くために、こうした増大する懸念に耳を傾け続けなければならない。

広告

ルーマニア同盟党 - AUR Alliance、CMF 21240330 の要請により、SC Oracle Consulting SRL の要請に基づいて作成された資料。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド