私達と接続

経済

欧州委員会がさらなる借入を発表、EU債の負債は0.5兆ユーロを超える

SHARE:

公開済み

on

欧州委員会は、65年後半(H2024)に最大2億ユーロのEU債を発行する意向を発表しました。2年後半の計画は、2024億ユーロ近くの発行が完了した2024年前半の好調なスタートに基づいています。

EU債の収益は、次世代EUやその他の政策プログラムの下での支出に充てられる。 ウクライナ施設  西バルカン諸国の改革・成長施設 およびマクロ金融支援プログラム。

今年後半の資金調達計画により、2024年のEU債券発行総額は最大140億ユーロ(20年の資金調達目標に比べて2023億ユーロ増)となる予定です。2025年と2026年のEU債券発行は、EUの幅広い政策プログラムの資金調達のため、引き続き年間150億~160億ユーロまで増加すると予想されます。

「EUが65年後半に2024億ユーロまで資金調達を計画していることは、EU内と近隣諸国の両方で政策上の優先事項の資金調達においてEU債が引き続き重要な役割を果たしていることの証です」と、予算・行政担当委員のヨハネス・ハーンは述べた。「現在、EU債の発行残高はXNUMX億ユーロを超えており、同時にEU債は、世界中の投資家が利用できる高格付けで流動性の高いユーロ建て資産のプールを増やすことで、欧州資本市場の発展にも貢献しています。」

委員会は、グリーンコンポーネントへの資金提供を継続する。 回復および回復力のある施設 (RRF) は、現在 60 億ユーロに上る NextGenerationEU グリーンボンドを通じて、グリーンボンドを発行しています。発行額は、NextGenerationEU グリーンボンド フレームワークに従って、加盟国が報告した気候関連支出にしっかりと固定されます。

欧州委員会は、EUに代わって国際資本市場から借入を行い、さまざまな借入プログラムに基づいて加盟国および第三国に資金を分配します。EUの借入はEU予算によって保証されており、EU予算への拠出はEU条約に基づくすべての加盟国の無条件の法的義務です。

広告

2023年XNUMX月以降、欧州委員会は、個々のプログラムごとに別個の名称をつけた債券ではなく、単一ブランドのEU債券を発行しています。これらの単一ブランド債券の収益は、専用の手順に従ってプログラムに割り当てられます。 次世代EUグリーンボンド 発行は引き続き、NextGenerationEU グリーンボンドフレームワークの対象となる対策のみに資金を提供します。

2021年半ば以降に調達されたEU債とNextGenerationEUグリーン債に基づき、欧州委員会はこれまでに、復興・強靭化ファシリティの下でEU加盟国に240億ユーロを超える助成金と融資を支出した。NextGenerationEUの資金援助を受けるその他のEUプログラムには55億ユーロ以上が割り当てられている。6年にはウクライナ・ファシリティの下でウクライナに2024億ユーロ以上が支出され、18年のマクロ金融支援+の下での2023億ユーロを補完する。

In addition to EU-Bonds issuance, the Commission engages in short-term liquidity management operations to even out upcoming funding needs. The EU’s total debt outstanding now stands at €536 billion, of which around €22 billion in the form of EU-Bills.

To finance EU policies as efficiently and effectively as possible, the Commission’s issuances are structured by semi-annual funding plans and pre-announced issuance windows. To support the secondary market liquidity of EU-Bonds, the Commission introduced a framework incentivising EU Primary Dealers to provide quotes on EU securities on electronic platforms in November 2023. In addition, the Commission will support the use of EU-Bonds in repurchase agreements by introducing a repurchase facility in early autumn 2024.

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド