私達と接続

経済

インフレがヨーロッパの未来を蝕んでいる – そしてそれは私たちの政治家のせいです

SHARE:

公開済み

on

トビアス・ザンダー著

食料、エネルギー、住宅のコストは、過去 2 年間で多くのヨーロッパ諸国で劇的に上昇しました。その結果、特に1つのグループが苦しんでいますが、「恵まれないグループ」に関する公の議論の中で見落とされがちなグループ、それが若者です。政治家や役人は責任を転嫁したがるが、それに関与した自分たちの役割には責任を持たなければならない。制御不能な金融政策がインフレ危機を煽り、ヨーロッパの若い世代が自らの誤った決断の代償を支払っているのだ。

多くのヨーロッパ人は、生活費の上昇に着目し、それを外部要因によるものだと考えています。 コビッド, プーチン、または貪欲 実業家 消費者に対する共謀。政治エリートによって広められているのはまさにこの物語であるため、これは驚くべきことではありません。 ECBのラガルド理事は、ほとんどの企業が「高いコストを全額顧客に転嫁する機会を利用している」と非難した。

 しかし、物価上昇の主な原因は、まさに彼女とその支持者たちが長年主張してきた拡張的な金融政策そのものだ。マネーサプライの拡大は必然的に、長期的には消費者価格と資産価格の両方の上昇につながります。ただし、この影響は社会のすべての部分に同じ損害を与えるわけではありません。一部のグループは他のグループよりも苦しんでいます。

 学生や若い専門家は、食品、衣料品、電化製品などの消費財の価格高騰で大きな被害を受けています。彼らは自然に 給料が低い 彼らは専門的な経験が少ないためです。学生は、学業と並行して臨時のアルバイトをしたり、親やわずかな州の補助金に依存したりするため、収入がさらに低くなることがよくあります。

インフレ金融政策のおかげで、これらの若者は今まで以上に自分自身を制限する必要があり、金融​​準備金を増やす機会がなくなりました。彼らは、エネルギーを何か新しく素晴らしいものを生み出すために使うことができない代わりに、第二次世界大戦後初めて、自分たちの繁栄が親よりも劣るという事実を考慮しなければならない世代で​​す。若者の楽観主義は幻滅に取って代わられます。

広告

資産価格の上昇 欧州の若者たちにも厳しい打撃を与えている。若者は通常、家、株、金などの資産をまだ所有していません。両親や祖父母は有形資産を所有することで、少なくとも部分的にはお金の価値の下落から身を守ることができますが、学生や若い専門家はこの選択肢をまだ利用できません。同時に、これらの資産を取得することはますます困難になり、価格は上昇しています。

 インフレの結果、雇用主が自由に使える資本も減少します。そのため、従業員の採用数を減らしたり、人員削減を余儀なくされたりしている。誰が最も大きな打撃を受けるでしょうか?必然的に、その分野での経験がまだ少ない若い人たちになります。したがって、彼らは三重のペナルティに苦しんでいます。彼らはまだ資産を持っていないこと、収入から資産を構築することがより困難であること、そして後者自体を取得すること自体がより困難であることです。その結果、金融政策は私たちを封建時代に戻し、経済的成功はほぼもっぱら家族の富と国家の特権に依存していました。

人々はますます怒っています 富の不平等 そして見通しの欠如。当然のことながら、特に若い有権者は、左派と右派のポピュリスト政党によるさらなる再分配と増税の要求に惹かれている。おそらく彼らをなだめるために、「穏健な」エスタブリッシュメントの政治家さえも富裕税を求める声が高まっている。しかし、これで問題は解決するのでしょうか?いいえ、それは生産的な人々の富を力ずくで奪い、それによって新たな不当な社会的分断を生み出すだけです。

 ダイナミックで成長する経済には必ず富の不平等が伴いますが、生産的な労働から生じるものであれば、それ自体は不道徳ではありません。インフレ金融政策は社会の流動性を低下させ、若者に不利益をもたらし、真に不当な富の不平等をもたらします。富裕税はよく言えば症状と闘う手段であり、悪く言えば繁栄を破壊する手段である。ヨーロッパの若者を助けたいなら、問題の根本に取り組み、ヨーロッパ諸国のインフレ金融政策という本当の病気と闘わなければなりません。

 今後数年間で大陸が滅亡地域にならないようにするには、インフレ金融政策を直ちに終了しなければなりません。ヨーロッパの若者は長期的な計画を立て、自分たちの未来を築くために多額の資金を必要としています。さらに通貨切り下げが進めば、数百万人の優秀な若者が母国を離れ、ヨーロッパが一つの大きな野外博物館と化すことになるだろう。本当にそれを望んでいますか?

トビアス・ザンダーは金融ジャーナリストであり、ヤング・ヴォイス・ヨーロッパの政策研究員でもあります。以前はポツダム大学で歴史を学び、プラハのCEVRO研究所で哲学、政治、経済を学びました。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド