私達と接続

経済

どの景気循環にも通貨戦争が起こる

SHARE:

公開済み

on

1920年代、フランス、ドイツ、ベルギーは、第一次世界大戦中に放棄された金本位制に戻るために自国の通貨を切り下げた。1930年代、世界の主要経済国は、1929年のアメリカ株崩壊後に失われた繁栄を取り戻すために、競争的な通貨切り下げに頼った。市場の暴落。 2024年にはドル高が新たな通貨戦争を引き起こす可能性があると説明 ヨハン・ガブリエルス、地域ディレクター iBanファーストは、企業向けの外国為替および国際決済サービスの大手プロバイダーです。 

私たちは新たな通貨戦争に向かっているのでしょうか?今のところ、自国通貨の対米ドル暴落に対抗するために介入している国はわずかだ。これらの国には共通点が 1 つあります。それは、すべてアジアにあるということです。インドネシアはルピア支援のため5月に金利を引き上げたが、日本は外国為替市場での直接円購入に依存している。

日銀介入の成功はまちまち 

最新の試算によると、今月初めに日本銀行が行った2回の介入の費用は600億ドルだった。日本には豊富な外貨準備があり、理論上は介入を続けることが可能だ。しかし、一方的な介入の有効性には疑問がある。これまで成功した介入は金融政策と連携して行われていました。日本の介入が効果的であるためには、米国財務省も円を購入する必要があるが、現時点ではその予定はない。さらに、超緩和政策は長期的には通貨高と両立しないため、日本銀行は金融政策をさらに正常化する必要があるだろう。

アジアにおける競争的な通貨切り下げ 

市場が懸念しているのは、ドル高に対抗するためにアジアで競争的な通貨切り下げが行われるリスクだ。人民元の切り下げが最初のドミノ倒しとなる可能性がある。これにより、中国は競争力を取り戻し、輸出主導型の経済をパンデミック前の水準まで押し上げることができるだろう。アナリストらはこのシナリオを数カ月間懸念してきた。

広告

しかし、本当にリスクはあるのでしょうか?私たちはそうは信じません。人民元の大幅な下落(あるいは切り下げ)を求める声は経済現実を無視している。中国はGDPの約1~2%に相当する大幅な経常黒字を抱えている。貿易黒字はGDPの3~4%、製造業の貿易黒字はGDPの10%を超えています。中国経済の規模(18兆ドル、世界GDPの15%)を考えると、この黒字は莫大だ。」

資本逃避のリスク 

ただし、問題がないわけではありません。多くの輸出業者は利益を人民元に換算していない。金利差と中国の政策に対する不信感により、資本流出が顕著となっている。 2023年には過去XNUMX年で最高水準に達し、当局に悪い記憶を思い出させた。 

さらに、人民元の切り下げは、2015年から16年に起こったように、資本逃避を強化するだけだろう。中国経済史におけるこの痛ましい瞬間により、中国政府は為替レートの管理に慎重になる可能性が高い。年初以来、中国は主に中央銀行の豊富な外貨準備を活用せずに人民元の対ドル安定を維持しようとしてきた。その代わりに、人民元の対ドル安が望ましくないことを示すために、毎日の為替相場設定と公共商業銀行市場への直接介入に頼ってきた。

為替操作? 

トランプ政権時代とは異なり、バイデン政権は人民元の水準に満足しているようだ。中国の経常黒字は米財務省が為替操作の兆候とみなすほど高くはない。さらに、中国の外貨準備高の増加は比較的安定しており、操作がないことをさらに示しています。最後に、人民元の下落圧力がドル高を部分的に反映していることを米国政府はよく認識している。

米連邦準備制度理事会が利下げに動かない限り(今年実現するかどうかは不確実だが)、ドル高は中国と世界の他の国々にとって問題であり続けるだろう。しかし、iBanFirstのアナリストらは、ドル高への適切な対応が、特に中国における競争的なドル安を相次ぐことであると疑っている。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド