私達と接続する

経済

ソロスは、EUが強化された協力を通じて「永久債」を発行することを要求します

公開済み

on

意見の部分で プロジェクトシンジケート、ジョージ・ソロスは、法の支配の条件性をめぐるポーランドとハンガリーの現在の行き詰まりをどのように克服できるかについての彼の考えを概説しました。 

ソロスは、ハンガリーのEU予算とCOVID-19回復基金の拒否を、予算に関連するEUの新しい法の条件付き規則が「彼の個人的および政治的腐敗に実際的な制限を課すだろう」というヴィクトルオルバーン首相の懸念に起因すると考えています。オルバーン]は非常に心配しているので、彼はポーランドと拘束力のある協力協定を締結し、その国を彼と一緒に引きずり下ろしました。

ソロスは、リスボン条約で導入された「さらなるユーロ圏統合のための法的根拠を提供する」ための「強化された協力」手続きを使用できると述べています。 

強化された協力により、少なくともXNUMXか国のグループは、すべての加盟国が合意に達しない場合に措置を実施することができ、他の国は必要に応じて後で参加することができます。 手順は麻痺を克服するように設計されています。 ソロスは、「加盟国のサブグループ」が予算を設定し、「共同債券」などを通じて予算を組む方法について合意できると主張している。

ソロスは以前、EUは永久債を発行すべきだと主張していたが、「EUが存続するという投資家の信頼が欠如しているため」、これは不可能だと考えている。 彼は、これらの債券は「生命保険会社などの長期投資家にすぐに受け入れられる」と述べています。 

ソロスはまた、「公益に貢献することよりもお金を節約することに関心がある」、いわゆるフルーガルファイブ(オーストリア、デンマーク、ドイツ、オランダ、スウェーデン)の入り口に責任を負わせています。 

ソロスによれば、イタリアは他の国よりも永久債の恩恵を必要としているが、それ自体の名前で発行できるほど「幸運ではない」。 それは「連帯の素晴らしいジェスチャー」であり、イタリアはEUでXNUMX番目に大きな経済でもあると付け加えています。「EUはイタリアなしではどこにあるのでしょうか?」 

ヘルスケアを提供し、経済を蘇生させるには、新しい次世代EU予算および回復基金に割り当てられた1.8兆ユーロ(2.2兆ドル)をはるかに超える額が必要になるとソロス氏は言います。

ジョージソロスは、ソロスファンドマネジメントおよびオープンソサエティ財団の会長です。 ヘッジファンド業界のパイオニアである彼は、 『金融の錬金術』、 『金融市場の新しいパラダイム:2008年の信用危機とその意味』、そして最近では 『オープンソサエティの防衛』の著者です。

EU

新しい連合がDataSovereigntyNowのキャンペーンを開始

公開済み

on

本日(21月XNUMX日)、ヨーロッパを拠点とする主要なテクノロジー企業、研究機関、非営利団体の連合が、すべてのレベルのヨーロッパの政策立案者に次のことを確実にするためのキャンペーンであるData Sovereignty Now(DSN)の立ち上げを発表しました。データの管理は、データを生成する人々や組織の手に委ねられています。 ヨーロッパのデジタル経済とデータアーキテクチャに関するポリシーが固まり始めるにつれて、この問題はますます緊急になっています。

「データ主権は、今日のデジタル経済に公平な競争の場を作り出すことによって、「データ利益のバランス」を再調整します」と、国際データスペース協会のCEOであり、Data SovereigntyNowの創始者のXNUMX人であるLarsNagelは述べています。商業的成長、より健全な競争、活気に満ちたイノベーション。欧州委員会は、データの主権をヨーロッパのすべてのデータイニシアチブの基盤にすることにより、決定的な前進を遂げるべきだと信じています。」

Data Sovereignty Now連合には、NewGovernance、Freedom Lab、INNOPAY、International Data Spaces Association、iSHARE、Meeco、MyData Global、The Finnish Innovation Fund Sitra、The Chain Never Stops、TNO、およびフローニンゲン大学が含まれます。 このグループは、ヨーロッパの政策立案者、インフルエンサー、インタレストグループをターゲットにして、データを生成する人々や組織がデータを管理できるようにするという目標を達成することを計画しています。

ウェビナー、円卓会議、その他のイベントのほか、Webサイトやブログ、調査や思考のリーダーシップ、メディアとのディスカッションなど、さまざまな教材を含む、強力な意識向上キャンペーンが計画されています。 今がその時です。 欧州委員会は現在、データ共有の分野で新しい法律を準備しています。 Data Sovereignty Nowパートナーは、データ主権の原則、つまり、生成するデータを決定的に制御する個人および組織の権利/能力が、データに対する個人の権利を保護するだけでなく、提供する上でも重要な役割を果たすと固く信じています。デジタル経済への重要な刺激。

続きを読む

財務

ECRは、最も恵まれない人々への欧州援助基金に関する合意を歓迎します。

公開済み

on

COVID-19危機に対処するための具体的な措置に関する、欧州援助基金の最も恵まれない(FEAD)に関する規則の100回目の改訂により、加盟国は追加のリソースを使用し、最大XNUMX%の協調融資率を要求できるようになります。 。 

EMPL議長であるECRMEPのĎurišNicholsonová氏が率いる欧州議会の交渉チームは、本会議中に採択されたFEAD規則の改正について理事会と合意に達しました。 最も恵まれない人々への欧州援助基金は、加盟国が必要としている人々に食糧と基本的な物資の援助を提供することを支援します。これはパートナー組織を通じて提供されます。 この基金は2014年に設立され、13万人の子供を含む年間4万人を支援しています。

EMPL議長のĎurišNicholsonová夫人はこの合意を歓迎します。 「Covid-19危機の結果、残念ながら食糧や物資の剥奪に苦しむ人々の数は増加しており、特定のリスクとさらなる困難に直面しているのは最も恵まれない人々です。 この改正により、加盟国は遅延や中断なしに、必要としている人々に支援を提供し続けることができます。」

Covid-19危機が社会的格差、不平等、失業率の上昇を深めたため、FEADからの支援に対する需要が高まっています。 そのため、状況を踏まえ、現状を反映した対策を講じる必要がありました。 この協定により、加盟国は2022年まで、最も恵まれない人々に支援を提供するために追加のリソースを使用できるようになります。加盟国は、受益者への前払いをできるだけ早く手配する手段を持ち、100%の協調融資をEUの予算。

ECRシャドウ報告者のラファルスカ夫人は次のように述べています。 「規制の発効が迅速に行われることで、追加のリソースを即座に動員できるようになります。これは、困難な生活状況にある家族、障害者、 高齢者ホームレスと移民。」

続きを読む

Brexit

ミシェル・バルニエがアイルランドのヨーロッパ運動によりヨーロッパオブザイヤーを受賞

公開済み

on

英国との関係のためのタスクフォースの責任者であるミシェル・バルニエは、今朝(21月XNUMX日)のオンライン授賞式で、ヨーロッパ運動アイルランドのヨーロッパオブザイヤー賞を授与されました。 European of the Year Awardは、アイルランドとヨーロッパのつながりと関係の発展に多大な貢献をした個人や組織を表彰し、敬意を表します。

バルニエ氏はこの賞を受賞し、「「ヨーロッパ・オブ・ザ・イヤー」賞を受賞できて本当に光栄です」と述べました。 彼は次のように述べています。「私のチームと私は、アイルランドと北アイルランドのさまざまな政党やコミュニティからの懸念に特に注意を払いました[EU /英国の交渉中]。 私たちはアイルランドと北アイルランドに数回旅行し、国境に行き、デリー/ロンドンデリーの平和橋を歩きました。 とりわけ、私たちは学生、労働者、事業主、そして地方のコミュニティに耳を傾け、関わりました。 ブレグジットは何よりもまず人々についてであるため…トラブルの記憶は決して遠くにはありません。

「私たちは愛国心とヨーロッパ人の両方でなければならないと信じ続けています–愛国心とユーロペン。 二人は一緒に行きます。 そのため、EUの統一を維持することがBrexitプロセス全体で非常に重要でした。 EU諸国間の団結と連帯は、英国との交渉のあらゆる段階で見られました。 2016年のBrexit国民投票の時点で多くの人が予測したこととは反対に、Brexitは欧州連合の終結を引き起こしたのではなく、その団結の強化を…一緒に、保護するだけでなく刺激を与えるヨーロッパを構築することができます…一緒に私たちを強くし続けています。 Níneartgocurlechéile。 団結なくして力はありません。」

ダブリン:21年1月2021日:ダブリンからミシェル・バルニエにEM Ireland European of the Year Awardを授与するための仮想式典を主催する、CEOのNoelle OConnellとEMIrelandの会長であるMauricePratt 写真コナーマッケイブ写真。

欧州運動アイルランド議長のモーリス・プラットは、ミシェル・バルニエに敬意を表して次のように述べています。 達成された合意は肯定的です。 問題は残っていますが、それは企業と市民に明確さを提供しています。 また、そして重要なことに、この合意は、EUと英国が将来にわたって継続的で建設的かつ相互に有益な関係を持つことを保証する目的で構築することができます。 アイルランドは、英国と最も密接な関係を持つ誇り高いEU加盟国として、その過程で将来のファシリテーターとして果たす役割を担っています。」

EM IrelandのCEOであるNoelleO Connellは、EUと英国の貿易協定を確保するための彼の業績に対してMichel Barnierを称え、次のように述べています。 ヨーロッパの国々や人々の間でこのより大きな関与を促進することは、バルニエ氏が彼のキャリアを通して際立って追求してきたことです。 彼は、欧州連合の完全性と価値を保護、保護、維持するという彼のコミットメントを決して揺るがず、そうすることで、ブレグジットプロセス全体を通じてアイルランドの利益を保護してきました。」

続きを読む
広告

Twitter

Facebook

トレンド