ヨーロッパは#HumanRightsに「注意義務」を持つ企業に向けて大きな一歩を踏み出しました

| June 12, 2019

先週、欧州連合の大統領に就任する直前に、新しいフィンランド政府は、企業が人権チェックを実施することを義務付ける計画を発表しました。 1年前、これは普通のことではなかったでしょう。 しかし、ビジネスに対する弱い規制の人的コストに対する認識の高まりは、市場での公共の信頼の衰退と相まって、企業がサプライチェーンでの悪用を阻止するためのイニシアチブをめぐる勢いを増しています。 ビジネス&人権リソースセンター事務局長Phil Bloomerを書いています。

5月の14に、オランダ上院は、企業がサプライチェーンの中で児童労働と闘うために「注意義務」を有するという新しい法律を採択しました。 今年は、2月に閣僚級法案が公布されたドイツのサプライチェーン法に関する議論と、それに関連したデンマーク議会での議会討論の論争がす​​でに発生していました。 6月の3で、新しいフィンランド政府連合がそのプログラムを発表しました。それはそのような立法に向けて全国的に取り組むという公約を含みます、それは7月からEU大統領を統治するヨーロッパレベルでも。

EUは過去に違法に伐採された木材や「紛争鉱物」などの特定の問題に関する法律を可決しました。 しかし、それぞれの問題を別々に規制することには限界があります。 2017の一般的な範囲、「警戒義務」法で最初の法律を可決したのはフランスでした。 そしてこの軌跡はドイツ、イギリス、デンマーク、ノルウェー、フィンランド、スイス、そしてルクセンブルクでの政治的討論でも続いています。

これらのアイデアは急進的ではありません。 2011では、国連と経済協力開発機構(OECD)が、ビジネスがグローバルチェーンにおける人権を尊重する方法について、一貫性のある新しい一貫性のある基準を採用しました。 そのような悪影響を防ぐために、人権のリスクに適切な注意を払うことが重要な要素でした。 それ以来、OECDは、適切なデューデリジェンスがどのようなものであるかについてのより詳細なガイダンスを開発しました。 しかし、各国はこの国際的なソフト法をハード法に変えるのが遅かった。 今まで。

企業はこれを認識しているようです。 ドイツのフットボール大手アディダスの顧問、ウィリアム・アンダーソン氏は、今週のブログシリーズで次のように述べています。実践」。 実際には、 ますます多くの企業がこの種の法律を支持していますBMW、Coca-Cola、Trafiguaを含む、これらの法律は責任ある企業の活躍の場を平準化し、それらの責任の法的確実性を提供すると主張している。

オランダの児童労働法の場合、立法を支持するキャンペーンを開始したチョコレート会社Tony's Chocolonelyが、ネスレ・ネダーランド、バリー・カレボーなどの大手業界の仲間やハイネケンのようなオランダの大手企業を結集させました。議会への支持書簡。 フィンランドでは、ダイナミクスはさらに一歩進んだ。企業と市民社会は、AttacからCoca-Cola Finlandまでの140エンティティからなる合同連合として、新しい政府プログラムにそのような法律を制定するように運動した。

しかし、ほとんどの企業は準備ができていないため、これらの法律が必要になります。 昨年11月、企業の人権ベンチマークは、世界の大手企業の40のうち101が適切な人権デューデリジェンスを実行できていないことを明らかにしました。 EUの非財務報告指令に基づく100企業の報告書を見ると、90%は人権を尊重するという公約を報告したが、36%のみが詳細に彼らの人権デューデリジェンスシステムを説明していることがわかった。

賭け金はそれ以上にはできませんでした。 1月の150で、ValeのダムがブラジルのBrumadinhoで崩壊したときに少なくとも25の人々が死亡し、そこには何百もの高リスクのダムがあります。 166の何百万もの隠れた労働者が、直接的な関係や責任を負うことなく、世界の50最大手企業を悩ませています。 フェイスブックやグーグルのような主要なハイテク企業の力の高まりはますます私たちのすべてのプライバシーに影響を与えています。 企業に対する強制的な人権デューデリジェンスは、企業が自らの業務とサプライチェーンの虐待を確実に排除し、行動に失敗した場合に責任を負うようにするための何らかの手段を講じることになります。

多くのヨーロッパ諸国がこれを認識しているように見えることは良いことです、そして今、彼らは衰退する余裕がない。

注釈

Facebookのコメント

タグ: , ,

カテゴリー: フロントページ, 経済, 雇用, EU, 欧州人権裁判所(ECHR), 人権, 人権

コメントは締め切りました。