議会は委員会#TaxHavenブラックリストを拒否するように設定します

MEPがUNCO手術マネーロンダリングの管轄区域のブラックリストに含まれるべきである国に再評価するために、欧州委員会が推進しています。 共同経済通貨総務の票(ECON)と市民的自由(LIBE)委員会は、決議にリストを再考するために委員会を尋ね 水曜日に(3月)。 解像度は現在、今後の本会議での採決に配置されます。


MEPスヴェン・ジーゴールド、グリーン/ EFAグループの金融・経済政策のスポークスマンは言った:「マネーロンダリングの高リスクを保有する国の委員会のブラックリストはばかげています。 リストには、任意の単一の重要なオフショア金融センターが含まれていません。 欧州議会の批判に反応してエチオピアとガイアナの交換は、委員会からの悪い冗談のいくつかの種類のように思えます。 これは明らかに真剣に議会の懸念を取るする努力をしません。

「EUはマネーロンダリングの国の本当のブラックリストを必要とします。 マネーロンダリングや脱税に関する最近のリークに直面し、パナマおよびその他の重要なタックスヘイブンは、まだ委員会のブラックリストに含まれていないことを受け入れられません。

「代わりにちょうど金融活動作業部会(FATF)の限定された勧告に従うので、委員会は、独自の評価を実施し、緊急にマネーロンダリングやテロ資金供与に対抗するためのより多くのスタッフを割り当てる必要があります。 EU委員会は、正義と消費者保護総局の地下室で働いてわずか6人と金融犯罪との闘いにおけるその重要な任務を遂行することができません。 人事・リソースは、短期的には少なくとも20従業員に昇圧する必要があります。」

委員会は、その後増加し、顧客デューディリジェンス措置の対象となっている高リスク第三国を識別します。 7月2016から最新のブラックリストには、11カ国が含まれています。 1月2017では、欧州議会は、ガイアナの状態を削除するために委員会の委任法を拒否しました。 委員会は現在、単に金融活動作業部会(FATF)、マネーロンダリングやテロ資金供与に対する国際フォーラムの提言を以下、エチオピアでガイアナを置き換える提案しています。 ECONとLIBEが不十分として、この「コピー&ペースト」を拒否してきました。

アフガニスタン、ボスニア、ガイアナ、イラク、ラオス、シリア、ウガンダ、バヌアツ、イエメン、北朝鮮とイラン:高リスクマネーロンダリングの国のために欧州委員会の月2016ブラックリストには、以下の11の国が含まれています。 最新の欧州委員会は、行為がブラックリストからガイアナを削除し、エチオピアに置き換えることを目指して委任しました。 リストには、主要なオフショア金融センターのいずれかが含まれていません。

背景

19 2017 1月には、欧州議会が採択 委員会の拒否に関する決議は24 11月2016の行為を委任しました。

改正24月2017の欧州委員会の委任行為 非協力的なマネーロンダリング第三国のリスト。

ECON、LIBEとPANA委員会の議長に司法長官ベラ・ジョウロバからの手紙。

24月2017の委員会の委任行為を拒絶するECON-LIBE委員会の決議。

改正は24月2017の委員会の委任行為を拒絶するECON-LIBE委員会の決議に提出します。

第四アンチマネーロンダリング指令(指令の条9段落2(EU)2015 / 849)に応じて国をブラックリストに載せる基準:

第三国ポリシー - 記事9

1。 国内市場の適切な機能を保護するために、連合の金融システム(「高リスク第三国」)に重大な脅威をもたらす国内AML / CFT制度に戦略的欠点を有する第三国の管轄区が特定される。

2。 委員会は、特に以下に関連して、戦略上の欠陥を考慮して、リスクの高い第三国を特定するために、第64条に従って委任された行為を採用する権限を有するものとする。

(a)は、第三の国の法律および制度AML / CFTフレームワーク、特に:

(I)マネーロンダリングやテロ資金供与の犯罪化。
(ⅱ)顧客デューデリジェンスに関連する措置。
(iii)の記録保持、およびに関する要件。
(IV)の要件は、疑わしい取引を報告します。

(b)はマネーロンダリングやテロ資金対策の目的のために第3国当局の権限と手続きを、と。

(C)第三国のマネーロンダリングやテロ資金供与のリスクに対処する上でAML / CFTシステムの有効性を。

3。 2パラグラフで言及された委任された行為は採用される 1ヶ月以内 その段落で言及戦略的な欠陥を識別した後。

4。 委員会は、パラグラフ2で言及された委任された行為、国際機関によって策定された関連評価、評価または報告書を作成する際に、必要に応じて、マネーロンダリング防止およびテロ資金調達の分野における能力を有する標準的な設定者個々の第三国のリスクに関連している。

注釈

Facebookのコメント

タグ: , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: フロントページ, 経済, EU, EU, 欧州委員会, 欧州議会, 税覆い焼き, 課税

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *