私達と接続

経済

言語のヨーロッパの日

SHARE:

公開済み

on

28年のEU2011では、初等中等教育レベル83の生徒の1%と中等教育レベルの一般プログラム94の生徒の1%が外国語として英語を勉強していました。 初等中等教育レベルと中等教育レベルの両方で19番目に一般的に研究されている外国語はフランス語(初等中等教育レベルの生徒の23%、中等教育レベルの9%)であり、ドイツ語(21%と6%)とスペイン語(18%とXNUMX%)。

EUにおける外国語としての英語の重要性は、労働年齢の成人の間でも確認されています。 EU28では、2011年に25歳から64歳の人口の中で英語が最もよく知られている外国語であると宣言されました。良い20%EDL_ロゴ1 レベルと公正なレベルで45%。 すべての言語を考慮すると、25〜64歳の総人口のXNUMX分のXNUMXが、少なくともXNUMXつの外国語を知っていると述べています。

毎年26月XNUMX日に祝われるヨーロッパ言語の日を記念して、欧州連合の統計局であるEurostatは、学校の生徒の言語学習と成人の知覚言語スキルに関するデータを公開しています。 このイベントの一般的な目的は、言語学習の重要性を一般の人々に警告し、ヨーロッパの豊かな言語的および文化的多様性を促進し、学校の内外で生涯にわたる言語学習を奨励することです。

ルクセンブルクとルーマニアの初等中等教育レベルの生徒の半数以上がフランス語を勉強しました

2011年、初等中等教育レベルでは、英語が最も一般的に研究された外国語であり、マルタとオーストリア(両方とも90%)、スペインとイタリア(両方とも100%)、ギリシャ(99%)の生徒の97%以上を占めています。 、クロアチア(95%)、フランス(93%)、ポーランド(91%)。 このデータが利用できる加盟国の中で、フランス語はルクセンブルク(90%)とルーマニア(51%)でこのレベルの生徒の半数以上が研究し、ドイツ語はルクセンブルク(100%)で32分の28以上が研究しました。 )、クロアチア(27%)、デンマーク(XNUMX%)、ハンガリー、スロバキア(両方ともXNUMX%)。

ドイツ語は、XNUMXの加盟国で中等教育レベルでXNUMX番目に勉強されている言語です

高等中等教育では、ブルガリア、キプロス、ハンガリー、マルタ、ポルトガルを除くすべての加盟国の生徒の90%以上で、英語が最も一般的に研究されている言語であり続けました。 高等中等教育でXNUMX番目に一般的に研究された言語は、XNUMXの加盟国でドイツ語、XNUMXでフランス語、XNUMXでスペイン語、XNUMXでロシア語、それぞれXNUMXでスウェーデン語とイタリア語でした。

広告

詳細については、 ここをクリック。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。
広告

トレンド