私達と接続

経済

EUとFAOは、6カ国が飢餓にミレニアム開発目標を達成するのを助けます

SHARE:

公開済み

on

MDG-1欧州連合と国連食糧農業機関(FAO)は、国際開発目標の達成期限が設定される60年以内に、世界の飢餓を削減する取り組みを強化し、XNUMXか国でXNUMXユーロ近くの農業開発活動を行うXNUMX万人を支援しています。百万。

この資金は、ミレニアム開発目標(MDGs)に向けたより迅速な進展を促進することを目的とした1億ユーロのEUイニシアチブから提供されています。

「締め切り間近で、やるべきことがまだたくさんあるとき、この農業への良い投資は、FAOが飢餓を根絶するための努力を強化し、2015年までに国が飢餓に苦しむ人々の割合を半減させるのを助けるためにさらに多くのことをすることを可能にするでしょう」とFAOは言いました。国連総会中のミレニアム開発目標に関する特別イベントでのジョゼ・グラジアノ・ダ・シルバ事務局長。

「21世紀に約870億3万人が依然として飢えに苦しんでおり、栄養失調が年間XNUMX万人以上の子供の死亡の原因となっていることは容認できません。 この資金提供は、飢餓への取り組みを強化し、MDGsを満たすという私たちのコミットメントを強調しています」とEU開発委員のアンドリス・ピエバルグスは付け加えました。

いわゆるMDGイニシアチブの下で、EUとFAOは、XNUMXか国のXNUMX万人以上を対象に、小規模農家とその家族が関与する農業開発に焦点を当てています。

このイニシアチブは、栄養の改善や農業政策への支援などの主要な目標を確実に達成できるように、国連機関、政府、市民社会とのパートナーシップを強力に推進しています。

農業開発とより良い栄養

広告
  • ブルンジでは、キャッサバやトウモロコシなどの食料品や、パーム油やお茶などの換金作物の生産と加工に焦点を当てた活動が行われます。 2.1年間の25万ユーロの運用は、推定000人に利益をもたらします。
  • ソルガムやキビなどの主食作物、野菜、バオバブなどの木からの製品の生産とマーケティングを促進することは、ブルキナファソでの16年間の500万ユーロのプログラムの中心であり、 000万人以上。
  • ガンビアでは、FAOとEUが、農家が野菜を栽培し、市場で販売するためのスキルを身に付けるのを支援します。 推定70万人が000年間の4万ユーロの運営から恩恵を受けるでしょう。
  • ハイチの農民は、約4人が参加する12年間の000万ユーロのプログラムの下で、ピーナッツと魚の生産を増やすように訓練されています。 彼らはまた、小さなアグリビジネスを立ち上げる方法を学びます。
  • 12.5万人を対象としたマダガスカルでの750年間の000万ユーロの事業は、小規模農家に高品質の米、ココナッツ、サツマイモの種子を提供し、中小企業の設立を支援することを目的としています。 また、灌漑インフラを修復し、より良い貯蔵施設で収穫後損失を減らします。
  • モザンビークでの19年間のXNUMX万ユーロのプログラムは、高品質の種子や肥料の提供から健康、衛生、栄養慣行のトレーニングに至るまでのさまざまな活動を通じて、農業生産を増やし、農家が市場にアクセスしやすくなり、栄養を改善するのを支援することを目的としています。

経歴

EUは、FAOの最も寛大で不動のドナーの1つです。 最近、FAOは、2008年から2011年の食糧価格危機に対応する59億ユーロのイニシアチブであり、一部はFAOと共同で実施された、EU食糧施設のためにEUを称えました。 この施設は、50か国でXNUMX万人の生活を改善するのに役立ちました。 欧州委員会のジョゼマヌエルバローゾ委員長は、今年初めにローマで行われた式典で、EUを代表してこの賞を受賞しました。

FAOのグラジアノダシルバ事務局長は、危機の解決策として農業を推進することにより、EUは、多くの国で成長と開発の入り口として、国際開発アジェンダに加えて農業と食料安全保障を取り戻す上で重要な役割を果たしたと述べました。

The EU recently committed to spend as much as €3.5 billion between 2014-2020 on building long-term resilience among the most vulnerable, tackling the root causes of hunger and poverty and improving nutrition in some of the world’s poorest countries.

詳細については、 ここをクリック。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド