私達と接続

防衛

ポルトガル人主導のコンソーシアムが欧州兵士向けのハイテク迷彩を開発

SHARE:

公開済み

on

EU 19 か国の 9 企業からなるコンソーシアムが、ヨーロッパの兵士向けの破壊的なハイテク迷彩の開発に着手しました。 ACROSS(高齢者と車両のための適応型迷彩)と名付けられたこのプロジェクトは、28月XNUMX日月曜日、ブリュッセルのプレスクラブで行われた会議で発表された。

ACROSS は、ポルトガル、スペイン、フランス、ドイツ、オランダ、イタリア、スウェーデン、リトアニア、ギリシャの NGO、大学、中小企業、政府機関、繊維およびエレクトロニクス企業を結集します。これはポルトガル繊維・衣料品産業技術センター CITEVE が主導しています。

欧州防衛基金(EDF)から全額資金提供されたこの14.57万ユーロのプロジェクトは、既存の材料と技術を革新的な研究と組み合わせることで、マルチスペクトルの適応迷彩ソリューションの開発を目指しているとCITEVEのマネージングディレクター、アントニオ・ブラス・コスタは説明した。新しい機器は人と車両の両方向けに設計されており、さまざまな背景、監視センサー、さまざまな天候や光の状態、脅威レベルにシグネチャを適応させて、検出、追跡、認識、識別の範囲を縮小することができます。

この目標を達成するために、ACROSS は、破壊的な材料を使用して、次のスペクトル範囲での保護を達成する革新的な技術と最新の技術を組み合わせた研究を行っています: UV 放射 (100 ~ 380 nm)、VIS 放射 (380 ~ 780 nm)、近赤外 (レーダーバンド X (0.75 ~ 1.4 GHz) に加えて、短波長 IR (1.4 ~ 3 μm)、短波長 IR (3 ~ 8 μm)、中波長 IR (8 ~ 15 μm)、長波長 IR (8 ~ 12 μm) 、Ka (27-40 GHz) および W (75-119 GHz)。

「私たちは、兵士のパフォーマンスと生存能力を向上させる新しい装備を開発できるようにすることを目指しています。これは挑戦であり、簡単ではありませんが、私たちは新しいソリューションを開発することでそれを達成するつもりです」とCITEVEのギルダ・サントス氏は説明しました。 「これはチャンスの分野であり、我々には広い心が必要であり、多くのテストを実施する必要がある。しかし、すべてはエンドユーザーである兵士を対象としています。」

実際、EU諸国は近年、防衛費を急増させている。 2022年のEU国防支出は、絶対額で204年の184億ユーロから2021億ユーロに増加した。ウクライナ戦争開始から昨年100月までの間に、EU諸国は軍事装備に80億ユーロ以上を支出したが、 % は EU 域外で、60% 以上が米国のみに向けられました。

広告

「このプロジェクトは、私たちがここヨーロッパでこれを自分たちで実現できることを示しています。このプロジェクトでは、すべてがヨーロッパに留まり、地元のサプライチェーンをサポートします。現在、私たちヨーロッパは米国やアジアなど他の国や地域にある程度依存していますが、これらのことはヨーロッパ内で自分たちで行う必要があり、ACROSS プロジェクトに携わる専門家がこれに取り組んでいることを嬉しく思います。 」と欧州委員会防衛産業宇宙総局の ACROSS プロジェクトオフィサーである Martin Jõesaar 氏は述べています。

ロドリゲス中佐は、現場では迷彩能力を高めることの重要性を強調し、「この種の技術が兵士に与えることができるのは命、つまり戦闘後に生きるチャンスだ」と語った。優れた隠蔽機能に加えて、ある環境から別の環境に切り替える際に兵士の貴重な時間を節約することもできます。 「たとえば、森から都市の風景に移動する場合、服を着替えるのに時間をかける必要はありません」と彼は付け加えた。

実施期間は42か月で、すでに6か月が経過しています。材料の開発は段階的に行われます。 

異なるスペクター長を持つ材料の互換性は、最初の概念的なデモンストレーターでテストされ、フィードバックのためにエンドユーザー、つまり軍隊に提示されます。最初のデモンストレーターから構築され、世界的なデモンストレーターが続く概念設計が開発されます。

昨年までに、軍による固体プロトタイプのテストがさらに広範に行われることが期待されている。

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド