私達と接続

アゼルバイジャン

バクー・エネルギー・ウィークはアゼルバイジャンのエネルギーポートフォリオに新たな章を開く  

SHARE:

公開済み

on

シャーマル・ハジエフ氏、国際関係分析センター上級顧問

アゼルバイジャンは、第29回国際カスピ海石油・ガス展示会(4月6~12日)、第4回カスピ海国際電力・グリーンエネルギー展示会(6月29~5日)、第6回バクー・エネルギー・フォーラム(300月37日)という29つの権威あるイベントを組み合わせたバクー・エネルギー・ウィークを主催した。 -12 月) 一つの傘の下で。今年のエネルギーイベントには、XNUMX か国から約 XNUMX 社が参加しました。バクー・エネルギー・ウィークには、多くの国から企業、要人、政治家、エネルギー分野の国際専門家が集まりました。アゼルバイジャン共和国のイルハム・アリエフ大統領もこの重要なイベントに出席し、バクー・エネルギー・ウィークの一環として第XNUMX回カスピ海石油・ガス展示会と第XNUMX回カスピ海パワー展示会の開幕について演説した。によって指摘されたように 会長 イルハム・アリエフ氏「カスピ海石油・ガス展示会は 30 年前の 1994 年に始まりました。このイベントは、アゼルバイジャンのエネルギー部門への海外直接投資を誘致する上で重要な役割を果たしてきました。それ以来、このイベントはより大きなイベントに変わり、石油、ガス、上流、下流、そしてもちろんグリーン エネルギーなど、エネルギー政策の主要な分野をすべて包含しているため、現在はバクー エネルギー ウィークと呼ばれています。」

バクー・エネルギー・ウィークに触れながら、アゼルバイジャンのエネルギー政策と戦略の成功により、この国が多くの国のエネルギー安全保障を確保する地域のリーダーに変わったことを根底に置くことが重要です。現在、アゼルバイジャンはアドリア海横断パイプライン(TAP)を通じてヨーロッパのエネルギー市場に天然ガスを供給しています。 2020年から2023年にかけて、 TAP アゼルバイジャンはヨーロッパの買い手に合計約31億立方メートル(bcm)の天然ガスを供給し、そのうち約1.83 bcmがブルガリアに、3.03 bcmがギリシャに、25.9 bcmがイタリアに供給された。アゼルバイジャンは20年までにヨーロッパへのガス輸出を年間2027億cmまで倍増させる予定。現在、イタリア、ギリシャ、ブルガリア、ルーマニア、ジョージア、トルコ、ハンガリー、セルビアがアゼルバイジャンの天然ガスの買い手であり、間もなく他の国々もこのリストに加わるだろう。アゼルバイジャンの天然ガスは、ヨーロッパ諸国がエネルギー安全保障を確保するための重要な多様化源となった。

本質的に、バクーでこのような影響力のある国際イベントを主催することは、世界のエネルギー市場における信頼できるエネルギーパートナーとしてのアゼルバイジャンの役割を示すとともに、同国の持続可能な開発目標を支援するものである。エネルギーが豊富な国として、アゼルバイジャンは再生可能エネルギー源を支援することで、炭素フリーエネルギーに大きく貢献することができる。近年、アゼルバイジャンは再生可能エネルギー源の導入を加速し、増加させてきた。この目的のために、国際協力は世界規模でグリーンエネルギーを推進する上で重要な役割を果たしており、アゼルバイジャンは再生可能エネルギーの発電能力を増やすために世界のエネルギー企業との国際協力を強化している。フォーラムはまた、アゼルバイジャンがアラブ首長国連邦の世界的な再生可能エネルギー企業マスダールと、2つの太陽光発電所を建設する契約を結んだことでも記念すべきものである。 植物 ビラスヴァル(445MW)とネフチャラ(315MW)の風力発電所、およびアブシェロンのガラダグにある240MWの風力発電所も建設される。これらのプロジェクトへの総投資額は約1億ドルと推定される。これらの発電所は、年間平均2億3025万kWhの電力を生産し、年間496億943万立方メートルの天然ガスを節約し、XNUMX万XNUMXトン以上の二酸化炭素排出を防ぐことが期待されている。

昨年、アゼルバイジャンとアラブ首長国連邦(UAE)は、この地域最大の稼働中の太陽光発電所である230MWガラダ太陽光発電所の正式な落成式を行った。の 工場 262 億 500 万ドル相当の外国投資を費やして建設されました。これは我が国に外国投資を誘致して実現した初の産業規模の太陽光発電所です。この発電所は年間 110 億キロワット時の電力を生産し、2016 億 35 万立方メートルの天然ガスを節約します。この発電所はアゼルバイジャン初で最も重要な再生可能エネルギープロジェクトであり、アゼルバイジャンとUAE間の協力に新たな機会をもたらした。アゼルバイジャンは2030年にパリ協定に署名し、1990年に基準年(30年)と比較してGHG排出量を2030%削減することを約束した。アゼルバイジャンはXNUMX年までに電力の少なくともXNUMX%を再生可能エネルギーで発電することを目指しており、このようなプロジェクトの実施は、エネルギーポートフォリオにおける再生可能エネルギーの割合を増やし、パリ協定の目標を達成するという同国の目標を支援することになる。  

アゼルバイジャンでは2024年が「グリーン世界連帯年」と宣言されており、これは環境保護と気候変動対策に対するアゼルバイジャンの取り組みを示す重要な措置です。同国はまた、2024年29月11日から22日まで、地域で初めてバクーで2024年国連気候変動会議(UNFCCC COP 29)を主催します。これは、気候危機に取り組むために、地域の国家元首、政府首脳、市民社会組織、企業、国際機関を集める絶好の機会です。アゼルバイジャンのバクーエネルギーウィークとCOPXNUMXへの関与は、再生可能エネルギープロジェクトへの戦略的投資、森林再生イニシアチブの支援、および各国の持続可能な開発政策を通じて、国の能力とリソースを活用することを象徴しています。

広告

バクーCOP29は、環境問題を議論し、長期的な気候戦略と目標に焦点を当てる重要なプラットフォームとなるだろう。さらに、アゼルバイジャンはCOP29で議論する可能性のあるトピックを提起する予定である。 フセイン・フセイノフアゼルバイジャン共和国経済省持続的開発・社会政策部長は、「アゼルバイジャンはCOP29で新たな南北金融メカニズムの創設を提案する予定です。南北金融メカニズムの役割は、国営石油(エネルギー)企業と国際石油(エネルギー)企業の間の橋渡しとなり、世界的利益のための共同の取り組みを示すことになります」と述べました。

環境問題と並んで、地域の平和課題もCOP29の議題の優先課題となる。によって強調されたように、 エルシャド・イスカンダロフアゼルバイジャン外務省特命全権大使は「バクーで開催されるCOP29は世界平和に貢献できるだろう。戦争や紛争、そしてその結果である生物多様性の破壊、有害物質の排出、鉱山の汚染は環境を汚染するだけでなく、人類を気候変動の不可逆的なレッドラインに近づけるという証拠がますます増えている」と語った。アゼルバイジャンの政府関係者の一人、 ヒクメト・ハジエフ アゼルバイジャン大統領外交政策顧問は、「アゼルバイジャンはCOPを平和に関するもう一つの成功物語にするため、そしてCOP29を気候変動対策問題と並んで平和のCOPにするために、引き続きさらなる努力をしていく」と強調した。  

まとめると、バクーエネルギーウィークとCOP29は、経済全体で再生可能エネルギー源のより広範な使用をサポートし、グリーン移行を加速するXNUMXつのイベントとして、アゼルバイジャンの持続可能な開発目標をサポートするXNUMXつの主要なイベントです。アゼルバイジャンのエネルギー政策とグリーンエネルギープロジェクトは、南コーカサスと中央アジアからヨーロッパに再生可能エネルギーベースの電力を輸出する地域の「グリーンエネルギーハブ」に国を変革します。  

この記事を共有する:

EU Reporterは、さまざまな外部ソースから幅広い視点を表現した記事を公開しています。 これらの記事での立場は、必ずしもEUレポーターの立場ではありません。

トレンド